こんなやり方があったか!『BABYMETAL』がいよいよ世界征服へ!!

2016/04/13
放送作家 石原ヒサトシ

2016年4月3日、全世界同日リリースしたばかりの2ndアルバム【METAL RESISTANCE】を引っ提げ、ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、マドンナなど、多くの世界的ミュージシャンがライブを行ってきた由緒あるステージ【英ウェンブリーアリーナ】で日本人初のワンマンライブを成功させたBABYMETAL!


「メンバー」

YUIMETAL

(左:ユイメタル/水野由結(16)スクリーム・ダンス)

SU-METAL

(中:スゥメタル/中元すず香(18)メインヴォーカル・ダンス)

MOAMETAL

(右:モアメタル/菊地最愛(16)スクリーム・ダンス)

 

さらに、英国の週間ヒットチャートでアルバム部門15位という日本人最高位を記録し、全米チャートでも39位とトップ40位に入り、坂本九さん以来の快挙を達成しました。

4月に入ってから、邦楽動画再生回数ランキングのTOP10には『KARATE』『ギミチョコ』『THE ONE』『メギツネ』『Road to RESISTANCE』の5曲がランクインするほど注目度はジャンプアップ!


キテる、キテるよBABYMETAL!


そんな今「BABYMETALって何なの?!」と思っている人もいるでしょう。そこで簡単に軌跡を振り返ります。知らなかったのも無理も無いです、だって展開が異例ですから。

2010年結成 アイドルがヘヴィメタ!

1980年代、ヘヴィメタブームがありました。ラウドネス、アースシェイカー、44マグナム、浜田麻里…と聞いて「懐かしい~」と思った人はソコソコの年齢のはず(笑)。あれから約30年、あのヘヴィメタサウンドが、”アイドルが歌う”というカタチで巷に流れるようになるとは誰が思ったでしょうか(笑)。


私が3年程前、予備知識なく、ステージに立つBABYMETALを初めて映像で見た時“このおこちゃまたち何やんの?ヘヴィメタでしょ?どういうコト?”

と思いました。しかしその不可思議な思考回路が一瞬でぶっ飛びます。


流れてきたのは、間髪入れないドラムとキュンキュンのギターという懐かしのヘヴィメタサウンド、そこにSU-METALの透き通るようなボイスが乗っかります。これが最初の衝撃。とにかく歌唱力がハンパないのです。

その歌声に合わせたYUIMETALとMOAMETALの、時に可愛く時にパワフルなダンスがマッチング。「確かにヘヴィメタといえばヘヴィメタだ。アイドルだけどヘヴィメタだ!」


『こんなやり方があったか!』更に強い衝撃が胸元をえぐりました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石原ヒサトシ
この記事を書いた人

放送作家 石原ヒサトシ

放送作家 「クイズ雑学王」、「ボキャブラ天国」等 バラエティを中心にイロイロやってきました。なんか面白いことないかなぁ~と思いながら日々過ごしています。野球、阪神、競馬、ももクロ、チヌ釣り、家電、クイズ・雑学、料理、酒、神社・仏閣、オカルトなことがスキです。

放送作家 石原ヒサトシが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop