身も心も癒されるのなら、偉人が愛した温泉へ

2017/06/05
放送作家 石橋アキ江

「大型連休中、楽しかった!けど疲れたかも…」と感じている方、週末に温泉に行って、身も心も癒されてみては如何ですか?

 

しかし、どこへ行けばよいのか迷ってしまう…。そんな方へ!例えば、偉人の愛した温泉に浸かってみるのは如何でしょうか?そこで今回は、文豪の愛した温泉をご紹介します。

 

夏目漱石の愛した「道後温泉」

 

『日本書紀』に登場する日本最古の温泉とも言われている四国松山の道後温泉。中でも、「ふなや旅館」は、多くの文豪たちが愛したそうで、夏目漱石の句碑をはじめ、旅館のあちらこちらに文豪の作った詩が飾られています。3000年以上の歴史を誇る名湯『道後温泉』は、アルカリ性単純泉の湯は優しくなめらかで、湯治や美容に適していると言われています。

 

太宰治が愛した「西伊豆三津浜・湯の花温泉」

出典:http://mitoyasudaya.com/

 

太宰治が『斜陽』を執筆した部屋が残されている「安田屋旅館」。広大な富士の眺望と駿河湾の潮騒の響きに癒されると評判だそうです。『湯の花温泉』は、単純アルカリ泉で神経痛、関節痛に効果があると言われています。

 

志賀直哉が愛した「城崎温泉」

 

志賀直哉お気に入りの「三木屋」のお部屋は、現在も当時のまま残っており、縁側からは「暗夜行路」に描かれた庭園を眺めることが出来るそうです。しかも希望であればこの部屋に泊まることもできるそうです。城崎温泉の泉質は、ナトリウム、カルシウムー塩化物高温泉で、神経痛・筋肉痛・関節痛・冷え性・疲労回復・健康増進などに良いとされています。

 

島崎藤村の愛した「塔ノ沢温泉」

出典:http://www.fukuzumi-ro.com/

 

箱根の中でも明治23年創業の老舗旅館「福住楼」は、島崎藤村だけでなく、福沢諭吉をはじめとする多くの文豪だけでなく、日本画家の川合玉堂、映画俳優の阪東妻三郎など、多くの著名人に愛された宿なんです。それぞれが愛した部屋が異なるので、是非訪何度も訪ねたくなるそうです。温泉は、アルカリ性単純温泉で、疲労回復、健康増進、関節のこわばり、慢性消化器病などに良いとされています。

 

中原中也が愛した「湯田温泉」

 

山口県の湯田温泉にある「西村屋」は、中原中也が結婚式と披露宴を行った宿なのですが、現在、その会場「葵の間」で毎年「中原中也賞」の選考会が開かれているんです。湯田温泉は、アルカリ性単純温泉で、神経痛、関節痛、冷え性、筋肉痛、疲労回復に良いとされています。

 

森鴎外の愛した「都内第一号に認定された歴史のある天然温泉」

森鷗外の旧居があるのが水月ホテル。名作「舞姫」を執筆した部屋は今、宴席などに利用が可能。水月ホテル内の天然温泉は、重炭酸ソーダ泉の黒湯。なめらかで優しく包まれているような肌触りがあり、神経痛、リュウマチ、胃腸痛に効果があると言われています。

 

偉人の愛したお湯につかり、お部屋でゆっくりと偉人の残した文学を味わうのも、忙し日々の中、おつなものではないでしょうか。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石橋アキ江
この記事を書いた人

放送作家 石橋アキ江

"テレビ番組、ラジオ番組の構成や脚本を執筆中。 中学校教員として十年以上の経験から、現場で悩みを抱える多くの人達に人生は楽しいものだと思ってもらえる作品を提供したいと日々模索中。参加作品「神秘に触れる夜」「ADVANCE EARTH」「携帯恋愛アプリMYNAME」など。"

放送作家 石橋アキ江が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop