インフルエンザや風邪で寝込んでいる病人にオススメの絵本とは…

2018/02/05
N田 N昌

インフルエンザや風邪が猛威をふるう季節がやってまいりましたが…実は、風邪を扱った絵本って意外に多いのでございます。人気絵本サイト「絵本ナビ」にも「風邪ひきの絵本」というジャンル(テーマ)が設けられております。ちなみに、ここだけで31冊の風邪絵本がございます。

「そんなこと、どうでもいいわ!」とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。もう少々、お付き合いくださいませ。今回ご紹介させて頂く絵本は、風邪等で寝込んでいる時、お薬と一緒に処方して頂きたい大人絵本なのでございます。ただの風邪絵本ではなく、大人が読んで楽しめる!病気のことを忘れさせてくれる風邪絵本なのでございます。

まずは、こちらからご紹介させて頂きマングース!(松潤風)

「おかあさん おかあさん おかあさん…」(作・絵:大島妙子)

自分のために薬屋さんへ薬を買いに行った母親を家で一人で待っている風邪を引いた女の子のお話でございます。自分が風邪で寝込んでいるのに母親のことを心配する主人公の女の子の優しさが大人の胸に刺さります。と同時に、「転んでないかな、雪だるまになってないかな」と母のことを心配する妄想がシュールでかわいくて超笑えるのでございます。

さらに、大島様の画がとにかくゴイスーに笑えるのでございます。細かいところにまで気を配られていて、そんなところを発見してはクスクス笑ってしまうのでございます。笑えて心が温かくなって、気が付いたら病気のことを忘れている…そんな絵本でございます。お子様がいらっしゃる方は是非、親子で読んで頂きたい一冊でございます。

そしてもう一冊が…

「ぼくのえんそく」(作:穂高順也 絵:長谷川義史)

主人公の男の子が遠足当日、風邪で熱を出して遠足に行けなくなるというお話でございます。ありがちな設定かと思いきや…。男の子の遠足に行きたいという気持ちが男の子の体から幽体離脱!遠足に参加してしまうのでございます。

かなりダイナミックな展開のお話でございます。ユーモアたっぷり大人も楽しめる素敵な絵本でございます。画もユーモア絵本でお馴染みの長谷川義史様が担当されております。こちらも病床の憂鬱な気持ちを忘れさせてくれること間違いナッシングの絵本でございます。

風邪やインフルエンザで寝込んだ際には、是非処方してくださいませ!

(文:N田N昌)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。

N田 N昌が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop