戸田恵梨香さんにこねてもらえるなら泥になってもいいと思いました

2019/03/08
岸豊

戸田恵梨香さんにこねてもらえるなら、ろくろに乗せてくるくる回してもらえるなら、陶芸用の泥になるのも、悪くないんじゃないでしょうか。

 

いきなり何言ってんだって感じですよね。恐縮です。というのも、女優の戸田恵梨香さんが俳優の竹内涼真さんとともに、7日に都内で開催された「大樹生命 新CM発表会」に出席しまして。戸田さんはヒロイン役を務めるNHK連続テレビ小説『スカーレット』で取り組む陶芸に対する向上心を明かしたのです!

 

2019年後期のNHK連続テレビ小説『スカーレット』にて、ヒロインで陶芸家の川原喜美子を演じる戸田さん。今後成長していきたいことを聞かれると『スカーレット』で取り組む「陶芸」だと回答しました。社名にかけて「陶芸上手くなりタイジュ!」いただきました。はあ。かわいい。

 

ただ、陶芸は簡単ではないそうで、戸田さんは「日々、稽古をしているんですけど、なかなかパワーもいりますし、その時の自分の状態によって、土の状態も変わっていきますし、結構面白いんですけど、すごく難しい」と発言。「仕事なので、どんどん成果をあげていきたい」としたうえで、作ってみたいものを聞かれると「おっきい花瓶とか」と答えていました。

戸田さんにこねこね、くるくるされる。泥が羨ましいと思ったのは、私の人生でこの日が初めてでした。

 

そんなことはどうでもいいんです。一方の竹内さんが成長していきたいのは「英語」とのこと。今年に入って海外での仕事が多いとしたうえで「ある国に行ったときに、(宿泊先の)朝ごはんの場所を知りたくて、フロントに電話したんですよ。で、自分の中では『朝ごはんは、どこで食べれるんですか?』っていうのを聞きたかったんですけど、いざ電話したら『アアン…ブレックファスト?』しか出てこなくて(笑)」と自虐。

 

「すっごい汗かいて、悔しい気持ちで終わってから、ああ、やっぱちゃんとやんなきゃなと思って」と続けた竹内さんは「ちょっとネイティブな感じで、かっこつけたいじゃないですか。だから、少しでも話せるようになりたいなと思って」という高校生的な願望を吐露。これには戸田さんも、聖母のような微笑みを見せていました。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

岸豊
この記事を書いた人

岸豊

フリーランスのライター/フォトグラファー。1991年生まれ。写真を撮ることが大好きです。Nikon D850、F6、F3を愛用しています。中判も大判も欲しい。 ホームページ→https://www.kyphotography.online/

岸豊が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop