洗うの面倒な男子必見!最新モードを借りたい放題でオシャレを楽しむ

2017/06/21
放送作家 石橋アキ江

ニューヨークで生まれた『ビジネスマンのための会員制ファッションアイテム レンタルサービス』が、お洒落なビジネスマンを中心に日本でも話題になっています。そこで今回、メンズに特化したファッションアイテムレンタルサービスとは、いったいどんな特徴があるのか?ご紹介します。

 

今、なぜレンタルが話題なのか?

ファストファッションが常識となり、一生もの洋服を買うよりも、安く大量にアイテムを買って着まわす時代になりました。日々、たくさんのアイテムを身に着けるなかで、常に最新のモードしか着ないオシャレや、クリーニングが面倒という理由などから、モノを買わずにレンタルで済ませる需要が伸びてきているそうです。

 

また、結婚式など、何度も着ることのない洋服をイベントのために買いたくないと思いつつも、以前買ったものは 時代遅れだったりします。借りることで最新モードのスーツやを着てゆくことができるなどと評判なのが『洋服のレンタルサービス』なんだそうです。

 

コーディネート付きレンタル『leeap』

いつでも担当コーディネーターが相談に乗ってくれると、話題なのがこのお店。月額7800円でスタイリストが、自分のテーマに合ったコーディネートを2種類選んでくれるそうです。回数が無制限のプランもあるので飽き性な方にもおすすめだとか。気に入った洋服はそのまま購入することもできるので、実際に着たイメージが分かって良いという意見もあり話題だそうです。

 

※出典 https://leeap.jp/

 

シーンに合わせたスーツをレンタル『DMM いろいろレンタル』

ビジネスシーンや冠婚葬祭、パーティーシーンなど、その場に合わせられるスーツが豊富だと話題。GUCCI、CHANEL、Orobiancoなどのブランド品もお手頃な価格で借りることができますし、それに合わせた鞄や靴なども借りれると言うのも好評の理由だそうです。スーツの価格は、4980円~。

 

※出典 http://www.dmm.com/rental/fashion/=/category=mens/

 

ネクタイに特化したレンタル『KASHI KARI』

取り扱いのアイテムはネクタイ・カフス・チーフ・ボウタイ・ジレ・ペン。タイピンなど、特にスーツスタイルに似合うものを集めているため、アクセサリで、ちょっとだけ雰囲気を変えたいという男性に評判だそうです。1日120円とお手軽なのも嬉しいと評判です。

 

取り扱っているブランドは、「テッドベーカー」「ブリューワー」などのカジュアルブランドから、「アルマーニ」「ゼニア」のようなハイブランドのアイテムまで60種類以上のブランドを幅広く揃えているのが話題に。レンタルしたアイテムが気に入ったら、小売価格の20〜60%の値段で購入することもできるそうです。月額3800円~。同時に3本のネクタイレンタル可能で、1本を返却すれば1本が新たに配送されるという仕組み。

 

 

ニューヨークから上陸したレンタル『FreshNeck』

取り扱っているブランドは、「テッドベーカー」「ブリューワー」などのカジュアルブランドから、「アルマーニ」「ゼニア」のようなハイブランドのアイテムまで60種類以上のブランドを幅広く揃えているのが話題に。レンタルしたアイテムが気に入ったら、小売価格の20〜60%の値段で購入することもできるそうです。月額3800円~。同時に3本のネクタイレンタル可能で、1本を返却すれば1本が新たに配送されるという仕組み。

 

※出典 https://www.facebook.com/FreshNeck/

 

いろんなブランドのファッションを試したいけどお金がない、選びに行く時間がない、そもそもファッションセンスがない。と言う人には有り難いサービスですよね。 レンタルDVDと同じように、返却はポストでOKと、正に一人暮らしの男性には有り難いのでは?

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石橋アキ江
この記事を書いた人

放送作家 石橋アキ江

"テレビ番組、ラジオ番組の構成や脚本を執筆中。 中学校教員として十年以上の経験から、現場で悩みを抱える多くの人達に人生は楽しいものだと思ってもらえる作品を提供したいと日々模索中。参加作品「神秘に触れる夜」「ADVANCE EARTH」「携帯恋愛アプリMYNAME」など。"

放送作家 石橋アキ江が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop