世界の未来は明るい?天才少年少女の驚くべき功績

2022/04/15
南城与右衛門

新型コロナウィルスが世界規模でまん延し、明るい話題が少ない昨今。テレビ、雑誌を覗けば落ち込むような話題の大見出しが打たれ、暗い気持ちから脱却できません。いつ明けるかもしれないこんな世の中で、一筋の喜ばしいニュースが若者が活躍するニュース。今回は若者、中でも10代にしぼり、明るい未来を作ってくれそうな天才少年少女の話題を取り上げます。

神奈川県の小6少女がこのご時世にぴったりの発明

食事をする際などに置き場所に困る外したマスク。昨今のご時世、誰しも経験したことのあるこの悩みを解消するグッズが発明されました。しかもそれを発明したのは、当時小学6年生の女の子。

それはどういうアイテムかというと、外したマスクをふたつに折り畳み、それを服の裾やカバンに止めておける小さなクリップ。形がスリッパに似ているということから「テリッパ」と名付けられました。このアイディアは特許を取得し、企業が製品化。地元市に寄贈しました。この天才少女はこのクリップの他、4つの特許を取得しています。

5歳児の鋭い指摘! 図鑑の表記ミスを見つける

とある出版社が発行していた魚の図鑑に載っていたオタマジャクシのような魚「カサゴ目」の「シンカイクサウオ」。都内に住む当時5歳の少年が、他の出版社の図鑑を読んだところ「スズキ目」の「マリアナスネイルフィッシュ」と紹介されていたんだとか。

「シンカイクサウオ」の別名を「マリアナスネイルフィッシュ」というのを知っていた少年ですが、なぜ分類が違うのかと疑問に思ったそうです。これに少年の母を通じ、先の出版社に問い合わせたところ「カサゴ目」ではなく「スズキ目」であると間違いを認めたんだとか。これを受け、増刷版からは正しい「スズキ目」と表記することになったそうです。

※注:「カサゴ目」とする研究者もいる

数学の新しい定理をいくつも発見するスーパー小学生

2019年、当時10歳の小学生の少年が、完全数にまつわる定理を発見し話題になりました。その後も研究に没頭し、13歳までに素数に関する定理を7つも発見したんだとか。

この天才少年、小学4年生時に、都内の数学塾に現れ、すでに大学レベルに達していたそうで、自分では手に負えないと感じた塾の先生は、数学の権威である人物を紹介したそうです。

そもそも少年は1~2歳のころから数字に興味を示していたそうで、2歳で九九を暗記し、小学1年生で洋書の数学書を読みふけっていたそうです。

また、数検1級を所持しているだけではなく、英検1級特別賞、ピアノの腕前も相当だそうで、いわゆるスーパー少年。しかし「僕は天才じゃない。親が好きなことをさせてくれただけ」と謙虚に答えているそうです。

将来有望! 6歳にして腹筋が6パック!!

イラン出身で英リバプールに住むアラト君、2年前にSNSでとりあげられた腹筋バッキバキの画像が話題になりました。そもそも、イランに住んでいたというアラト君。生後数か月でとてつもない握力を持っていて、それに気付いた父が、家の壁でクライミングが出来るように改造。さらにジムへ通わせるようになったんだとか。

アラト君は鍛錬を苦とも思わず励み、父がサッカーをすすめると熱中していったそうです。その後、アラト君のために家族はイギリスに移住を決断。リバプールFCアカデミーに在籍し、将来の夢はもちろんサッカー選手だそうです。また、その身体能力、くわえてイケメンのアラト君に目をつけたFIFAは、公式ツイッターでアラト君のパフォーマンスを拡散するほど注目しているようです。

2022年現在、アラト君のインスタグラムではあどけない表情と卓越したフィジカルが堪能できます。

米TIME詞にも掲載された天才科学者兼発明家少女

2020年、TIME誌で「アメリカで最も若い世代のリーダーになるお手本」として8~16歳の5000人以上の中から選ばれたのが、コロラド州に住む科学者兼発明家のギタンジャリ・ラオさん当時15歳。

その若さで「飲み水に含まれる鉛を検知する装置」や「ネットいじめ防止アプリ」「鎮痛薬依存症の早期診断装置」などを開発しました。ラオさんが科学に興味を持ち始めたのは4歳のころ、おじに科学キットを買ってもらってからだそうで、世界をよりよくすることに科学を結び付けたいと考えるようになっていったんだそうです。また、彼女の趣味はサイクリングとピアノといった素朴な一面もあります。

発明、科学、スポーツ……、さまざまな分野の天才十代を紹介しましたが、いかがでしたか?

彼らの活躍を心から期待しながらも、われわれ大人は負けずに社会に貢献していきたいものです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

南城与右衛門
この記事を書いた人

南城与右衛門

"情報番組や誰も知らない深夜番組、ラジオなどを構成したり、ソーシャルゲームのシナリオを書いたりする、いわゆる駄放送作家。友達はPC、恋人は二次元、恩師はあらゆる漫画、といった充実した人生継続中"
pagetop