幸福女優・千眼美子、約1年半ぶりのイベントで「清水富美加からパワーアップ」宣言

2018/05/09
石井隼人

元・清水富美加こと千眼美子が、約1年半ぶりに公の場に登場したゾ!

それは8日に東京のヴィレッジヴァンガード渋谷本店で行われた、幸福の科学制作の映画『さらば青春、されど青春。』(5月12日公開)スペシャルトークショーでのこと。

チケットは完売!詰めかけたファン100人の前に、満面の笑みで手を振りながら登場した千眼は「こういったイベントは1年半ぶりでドキドキしていますが、最高の笑顔で楽しめたら。今は何でもやりたいので、ありがたいと日々思います。初挑戦が沢山。映画もお久しぶりな感じなので『ちゃんとしないと!』と緊張しています」と出家後の心境を吐露。 

劇中では、救世主としての使命に目覚める主人公・真一(大川宏洋)の恋人・額田美子役。「独立してジャーナリストになるという設定で、自分の言葉で伝える人になりたいという思いは自分と同じ」と自身との境遇を重ねるように共感を寄せたゾ。“恋人”という設定ゆえに、自身の理想の出会い方を語るも「出家感がないけれど大丈夫ですか?普通の女の子でもありますから」と頬を赤らめた。

今後については「宗教家もそうですが、新しくチャレンジしたものはすべて素人。色々なことをやりながら、すべてにおいてプロになりたい。自分で感じたもの、言いたいことは誰かに言わされるのではなくて、自分の言葉で伝えられるようになりたい。映画も8本くらい決まっているけれど、すべて自分次第。自分から発信していきたい」と活発な芸能活動に意欲的。

またファンに向けては「直接お会いできなくても、SNSなどのコメントや意見はすべて見ていました。どんな意見でも嬉しくて、早く皆さんに直接自分の元気な姿を見せて、『ありがとう』という言葉を直接伝えたいと思っていました」とシミジミ。 

さらに「ファンの中には不安や疑問に思っている人もいると思うけれど、そういうものをこういった場所でぶつけてほしいと思います。いい意味で倍返しをしていこうと思っているので、清水富美加からパワーアップして、これからも頑張っていきたいです」と力を込めた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop