プロが教える2017年を良き年にするための買い替え極意

2016/12/29
放送作家 石橋アキ江

年末年始にトイレのマットや、タオルに小物等々…この時期に買い替えをする方もいらっしゃると思います。そこで「せっかく買うなら2017年の運気が上がるポイントを押さえてみて」という赤坂のママ燕尾先生に、運気のあがるポイントを聞いてみました。

ラッキーカラーをおさえる

 

まず取り入れやすいのが色。家の中で使う物以外にも、洋服や持ち物にも取り入れやすいので是非チェックしてみて下さい。まず、2017年はなんといっても「ブルー」を意識してみてください。ブルーは「水」を連想させる色。水は“悪い気を流す”“良い運の流れを持ってくる”と、「流れ」を意識させるのです。

 

また、シルバーやゴールドと言った「金運」を連想される色もいいのです。次のオリンピックが日本で開催されるということで、お金が色々な所で動くことになります。その時代において「活気」を連想される色を取り入れるのも、良い運を自分の中に取り入れるために重要なポイントとなるのですよ。

 

ラッキーアイテムは「水」

 

「水」を連想させるものを意識するといいと言いました、例えば、ガラス製のもの。毎年干支をモチーフにした置物を買ってる方などは、素材をクリスタルにしてみるとか、その程度でOKです。

 

また、「水」の気を持つローズや三日月を取り入れるのもいいですね。特にローズと三日月は女性にとって愛を運んできてくれるアイテムなのです。例えば、ちょっと気になる女性がいる男性は、プレゼントに、三日月がデザインされているクッションカバーや、ローズのルームフレグランスなどを選べば、2人の関係が進展する期待が持てますよ。

 

他には、マーブル模様も良いんです。マーブル自体も水の輪を連想させるものですが、運を広げてくれる働きをしてくれます。他にもしずくやティアドロップも吉。こちらも水を連想させますが、運が足りなと感じる方に、運を持たらしてくれます。そして、「水」の気の変化を連想させる流線形も運の循環をよくしてくれますよ。

 

来年2017年は、一白水星が中宮に位置する「水」の気を持った年なので、「水」をイメージするものが傍にあると、運気は上がるでしょう。また、「水」は“クリア”“透明”をイメージさせますが、物だけでなく、自分自身を浄化させることが運気を上げるために重要なポイントなのです。来年一年は、負を流し、流れてくる福を掴む「流れ」を意識して生活してみてくださいね。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石橋アキ江
この記事を書いた人

放送作家 石橋アキ江

"テレビ番組、ラジオ番組の構成や脚本を執筆中。 中学校教員として十年以上の経験から、現場で悩みを抱える多くの人達に人生は楽しいものだと思ってもらえる作品を提供したいと日々模索中。参加作品「神秘に触れる夜」「ADVANCE EARTH」「携帯恋愛アプリMYNAME」など。"

放送作家 石橋アキ江が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop