バレンタインは心理戦!心理カウンセラーに聞いた「チョコ」のもらい方

2017/02/13
放送作家 石橋アキ江

男性にとって気にせずにはいられないのがバレンタインデー。214日の職場では、何となくそわそわしてしまうたりとか?どうせ貰えないからと思っていても、貰えれば心はウキウキ!
そこで今回は、心理カウンセラーの方に、バレンタインデーまでにできる、相手がチョコをあげたくなる心理行動について聞いてみました。 

 

去年の思い出を話す

ちょっとした休憩中や、打ち合わせの合間に「これ、お得意さんから貰ったんだ」などといいつつ、ちょっとしたチョコレートに関連するお菓子を差し出してみましょう。そんな中、「もうすぐバレンタインだよね」なんて軽く話をはじめながら、「去年はどうしたの?」なんて突っ込んで相手の話を聞いてあげましょう。

 

そんな中、「じゃぁ、今年は俺にもちょうだいよ」なんてふざけていうのがポイント!ちょっと驚かれたとしても、「約束だよ!貰いにいくからね」と、可愛げのある形で言うのがコツ。女性も“あげる”という行為は、いくら義理とはいえ、自分から、自発的にできるものではありません。同じ職場だと本当に貰いに来たら困るし、まぁチョコ一つで関係が円滑になるならと用意しておくかという気持ちになるのです。

貸しを作る

バレンタインに近ければ近いほど有効な方法なのが『何か相手が困っていることを助けてあげる』。それも、何度も重ねて助けてあげることができればさらに効果的です。

 

“人は誰かから何かをしてもらうと、「お返し」をしなければならないと思ってしまう”という「返報性の法則」を使ってみるのです。ただし、そこで大きく見返りを期待してはダメですよ。あくまでも奉仕の気持ちを前面に出すこと。

 

しかし、ちょっと疲れた様子を相手に見せ「疲れた時に食べると元気になるものってなんだろう」なんて、相手に聞こえるようなつぶやきも“カワイイ奴め”と母性本能をくすぐったりもしますね。

 

お返しのセンスの良さを知らせる

 

義理チョコは特にお返しを期待してしまう女子は結構いるようです。そんな女子に対し、今までどれだけセンスの良いお返しをしてきたのかを話すのも効果的ですね。女性はオシャレや癒しというキーワードに興味を示すことが多く、ちょっと、変わったアロマに関するグッズや、自分のためにはなかなか買わないちょっと話題のスイーツなどの話をすれば、エビで鯛を釣る!ような気持ちでチョコをくれる可能性も高まりますね。

 

もし女性との会話の中にこの話題を出せないようであれば、女性の聞こえる範囲内で、同僚男子と話すのもアピール十分です。

 

関係ないからと言いながらもやはり貰えればうれしい…実は期待も少しながらにしていたりしませんか? 直接おねだりして貰えなかったら恥ずかしいと考えているなら、「まぁ俺がもらえたら奇跡だよね」なんて言い訳などを添えれば、女子だって気になるものです。今年は是非、『愛嬌』として試してみては如何でしょうか?

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石橋アキ江
この記事を書いた人

放送作家 石橋アキ江

"テレビ番組、ラジオ番組の構成や脚本を執筆中。 中学校教員として十年以上の経験から、現場で悩みを抱える多くの人達に人生は楽しいものだと思ってもらえる作品を提供したいと日々模索中。参加作品「神秘に触れる夜」「ADVANCE EARTH」「携帯恋愛アプリMYNAME」など。"

放送作家 石橋アキ江が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop