バンクシーに是非、読んでもらいたい!超シュールな話題の絵本

2019/03/08
N田 N昌

今、日本ではバンクシーブームでございます。

バンクシーさまと言えば、ご自身が監督を務めたドキュメンタリー映画「イグジット・スルー・ザ・ギフトショップ」が日本で公開になった頃は、知る人ぞ知るアーティストさまでございました。

それが、昨年のシュレッター事件、さらに小池都知事との2ショットも話題になりましたが、東京、千葉等でのバンクシー風作品の相次ぐ発見報道。今や、お茶の間の人気者的な存在になっております。

そんなバンクシーさまに是非、読んで頂きたい絵本が先日、出版され話題になっております。

いったいどんな絵本なのか?

その前に、なぜバンクシーに読んで頂きたいのかと申しますと…

まず、「落書き」がモチーフになっております。さらに、作者が、年齢不詳の謎の覆面作家でございます。バンクシーさまとの共通点が多いのでございます。

それだけではございません。絵を担当しているのが、画家の「死後くん」でございます。かなりエッジが効いております。この辺りもバンクシーさま好みかと…。

「絵本も変わってきたなぁ…」、そんなことを考えさせられる作品でございます。内容もかなりブッとんでおります。きっと、バンクシーさまも、読めば購入されること間違いナッシングかと…。 その絵本がこちら。

「ごろうのおみせ」(作:ごろう 絵:死後くん 出版社:岩崎書店)

こちら、児童図書の老舗、岩崎書店のちょっと変わった子を主人公にした絵本シリーズ「こんな子きらいかな?」の第3弾でございます。

どんな内容かと申しますと…

主人公の小学生の男の子、ごろうくんが、勝手に小学校をやめてお店をオープンするお話でございます。ただ、小学生が一体何を売るのか…。そう、勘のいい方はお気付きのとおり、自分の「落書き」を売るのでございます。

果たしてお店は繁盛するのか…。大成功をおさめ、有名女優と遊園地で浮名を流すことになるのか…。是非、大人の方にも読んで頂きたいのでございます。こんな生き方できたらなぁ…と楽しめる絵本でございます。「自由に生きる」、そんなテーマの絵本でございます。

ちなみに、絵を担当している「死後さん」でございますが、念のためお伝えしておきますと…。売れっ子のイラストレーター・漫画家さまでございます。

NHK総合の「おやすみ日本」内の「日本眠いい昔ばなし」のイラストをはじめ、書籍の装画、WEB漫画、音楽CDジャケット、…幅広いジャンルで活躍されております。

もしも、バンクシーさまのお知り合いの方がいらっしゃいましたら、「日本には、こんな絵本があるんだぜ」と是非、ご紹介頂ければと存じます。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。

N田 N昌が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop