ブラジルで独自の進化?ブラジルで食べたいスープに浸かったYAKISOBA!

2016/08/06
リサーチャー 保坂周兵

世界最大の日本人街を持つブラジルでは、なんと“焼きそば”が庶民の味になっているんです。しかし、その定着の仕方が少し日本人からしたらおかしなことに…

 

今回は、そんなお店とインスタントで全く違う、日本生まれ、ブラジル育ちの“YAKISOBA”をご紹介!

 

お店の“YAKISOBA”

 

リオデジャネイロのZona Sul(ゾナスー)には、ハンバーガーショップ、バー、ベーカリー、大衆レストランといった形の様々なお店が並んでいます。そんなお店の中で見つけられるのが“YAKISOBA”。

 

(鶏肉入り、牛肉入り、えび入り、ミックスなどの種類)

焼きそばを頼む際には、お店により種類があり“カルネ”“鳥”“エビ”“ミックス”がたいてい置いてありました。

 

 

味はというと…とにかくしょっぱい!

 

基本的にブラジルの食事は個人差にもよりますが私にとって、しょっぱいものはしょっぱすぎ、甘いものは甘すぎます。そのため、焼きそばも例によってしょっぱいです。

 

お店にもよりますが、皿の底にソース(というより醤油)が溜まるほどかかっていました。なのに、提供される際に卓上醤油とともに出されます。すごいです…。

 

日本人の“焼きそば”の概念を壊すインスタント“YAKISOBA

お店で食べる焼きそばは、調味料が皿の下に溜まり、あまりにしょっぱいですが、一応見た目は焼きそばの形をしていました。問題はここから…スーパーで見つけたインスタントの焼きそばです。

 

さぁ、作り方を見てみましょう。

 

お湯を沸かして、麺をゆでて…ここまでは日本のインスタント焼きそばと変わりませんね。ところが…ん?あれ?粉末スープを思いっきりお湯の中に入れている…。

 

そうなんです。これがブラジルのインスタントYAKISOBA!!なんです。私はポルトガル語が読めないので「なんかおかしいなー」と思いながらブラジル人の知人に聞いてみると、「スープありでいいんだよ!」とのことでした。で、出来上がったのがこちら…。

 

 

まぁお世辞にも美味しそうではないですね。感想は、ちょっと変わった味のラーメンを食べたという感じで、焼きそばでは全くなかったです。当たり前ですが…。

 

作り方を教えてくれた知人曰く「好みの味に合わせてお湯を捨てて調節するんだよ!」とのことでした。あくまでインスタントはスープありきのYAKISOBAらしいです。

 

海外で見る日本食は面白いですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

リサーチャー 保坂周兵
この記事を書いた人

リサーチャー 保坂周兵

これまでに3度のバックパック旅行を経験し、ヨーロッパを中心に合計で約4カ月放浪し、13ヶ国35都市を巡っています。実績、マツコの知らない世界(TBS)、今夜くらべてみました(日テレ)等(リサーチャーとして)。モットーは「TOEICスコア300前後だってこんなに世界は楽しめる!」

リサーチャー 保坂周兵が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop