3月26日は「てんかん」を考える日! 知っておきたい発作時の対処方とは? 啓発プレスセミナーが開催

2021/03/26
マガジンサミット編集部

3月26日は「パープルデー」。一般社団法人Purple Day Japanがさだめる“てんかん啓発キャンペーンの日”です。世界に約6,500万人、日本では約100万人の有病者がいる「てんかん」ですが、おおよそ100人にひとりが罹る身近な病にもかかわらず、あまり知られていません。そこで、製薬会社ユーシービージャパン株式会社は「パープルデー」に合わせて、てんかんの疾患啓発を目的にプレスセミナーを3月24日に開催しました。

70%は薬で症状を消失させることができる

てんかんは慢性の脳疾患であり、大脳ニューロン(神経細胞)の過剰な放電により痙攣や硬直など反復性の発作を生じる病です。小児だけでなくあらゆる年齢において発症し、最近では高齢者、特に65歳以上の発症率が高くなってきています。

主な原因は、小児においては先天性の脳異常や出産後の脳炎、髄膜炎、外傷など。また成人・高齢者においては脳出血や脳梗塞、事故、アルツハイマーなどによる脳の損傷などで、原因不明(何らかの脳障害)の場合も多くあります。

症状には、脳の一部が興奮状態になる「部分発作」と、脳の大部分がいっせいに興奮する「全般発作」の2種類があり、てんかん専門医で精神保健指定医の渡辺雅子先生(新宿神経クリニック院長)によると“まるで脳のなかで地震が起きているような状態”だそうです。

写真)新宿神経クリニック院長 渡辺雅子先生

もし、てんかん症状が疑われた場合は、小児は「小児科」、成人後は「脳神経内科」や「脳神経外科」、「精神科」を受診し、発症時にビデオ撮影などをして診察時に見せるとスムーズです。

主な治療法は「薬物治療」「外科治療」「ケトン食療法」「誘発因子を避ける」などで、約70%は薬物治療により発作消失、あるいは寛解します。治療中は発作を抑制(コントロール)する薬を手放すことはできず、例えば、有事の際にはスマホよりもお金よりも予備分の薬を持って逃げることが最優先されます。

以前は副作用に悩む患者さんも多かったそうですが、現在は副作用が少ない薬も開発され、①規則正しい生活と睡眠の確保。②アルコールの摂取をひかえる。③決められた時間に薬をきちんと服用する。という3点に留意しながら日常生活をおくることができます。

知っておきたい発作時の対処方

もしも身近な人が発作を起こした時には、以下のことに気を付け慌てずに対処すると良いでしょう。

発作を起こしても無理矢理に押さえつけない。

痙攣・硬直のさいに机の角や地面に頭をぶつける、歯が折れる、骨折などから守るため、危ないものは周囲からどける。

枕・クッション・上着など柔らかいものを頭の下にあてがう。

唾液や食事による誤嚥で気道閉塞を起こす場合があるので、顎を上に押し上げ、顔を横に向けにして気道を確保する。

風呂場・プールなどでは身体をささえ、呼吸できるように確保する。

5分以内の痙攣は自然と収束するので救急車を呼ぶ必要はない。ただし5分以上続く、意識や呼吸が戻らない様子ならば救急車を呼ぶ必要あり。

発作後は意識がもうろうとしたり眠ったりするので、無理に行動を止めず見守る。

渡辺先生は「以前は正しかった対処も研究や治療法が進み、現在ではNGになっている場合がある。最新の情報を知っていただくためにも、ぜひ、専用のポータルサイトや啓発サイトなどで確認して欲しい」と話します。

例えば、“舌を噛まないようにタオルや箸を口に噛ませる”は間違いだそう。現在では、噛ませることでむしろ嘔吐を誘発し、吐物が気管に入るなどの事故が起こる可能性や、また固いモノを噛ませることで歯が欠ける、さらに噛ませた際に指を傷つけてしまうなどの恐れがあると考えられています。

光刺激で必ず発症するは誤った情報

てんかんは遺伝する確率は極めて低い病です。しかし遺伝や生まれつきの特殊な病だと認識している人は多く、治療の予後が良好で発作をコントロールできている状態でも、小児期の発作が原因で成人後も周囲の偏見に苦しむ人が大勢います。

症状が現れるきっかけは、光(テレビ画面・点滅する光・木漏れ日など)、におい、文字、図形など人それぞれ違うため、必要がある場合は個人にきちんと確認することが大切です。なかには、以前TVアニメ放送で強い光を見た子供たちが痙攣をおこした事件があったためか、強い光を見ると必ず発作を起こすという誤った認識が定着してしまい、エステなどでレーザー美容脱毛を断られる例もあるそうです。

てんかんは、2年以上発作が消失し日常生活に支障がなければ、普通自動車第一種免許の取得が可能など、コントロールしやすい病にもかかわらず、発症すると生活やコミュニケーションに何らかの悪影響を与えることがあります。渡辺先生は「治療のゴールは発症を消失させるだけでなく、身体面・精神面・教育面・社会面のQOLを向上させること」と訴えます。

そのためには周囲の理解と協力が必要。パープルデーを機会に、まずは病を知ることから始めてみませんか。詳しくは『一般社団法人Purple Day Japan 』https://www.purpleday-jp.net/ まで。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop