どうすんのSMAP!?当時バラエティに活路を見出そうとした”きっかけ”

2016/01/29
放送作家 石原ヒサトシ

解散から継続へ、日本中をザワザワさせた国民的アイドルグループSMAP。結成から28年。1991年のCDデビューから今年で25周年を迎えます。

 

私は彼らがデビュー前から出演していた、ある番組に携わっていました。収録の際には必ず顔を合わせていましたが、当時は、彼らがこんなに長く活躍するグループになるとは思いませんでした。それどころか、ジャニーズアイドルの終焉すら危うんでいました。

 

前回は、当時のTVにおけるジャニーズを取り巻く状況をまじえ、デビュー前のSMAPの印象などをお伝えしました。今回は、デビュー後の彼らの軌跡を追いたいと思います。

大ピンチ! CDが売れない!

念願のCDデビューを果たしたSMAPでしたが、デビュー曲のオリコンチャートは初登場2位でした。もはや有名ですが、中居さんはジャニーさんから1位を獲れなかったことを随分叱責されたそうです。セカンドはなんと10位。その後、3,5,8,7,7,5,5位…

ほら! SMAPまずいじゃん! ジャニーズまずいじゃん!

この番組程度で思い上がっていたらダメだよ! どうすんのSMAP!?

 

あれ? 変わった?

CDの売上が芳しくなく燻っている感のあったSMAPですが、1992年深夜帯のバラエティ番組でレギュラーに起用された頃から少しずつ変わってきたように見えました。

 

どこがどう変わったか具体的に言うのは難しいですけれど、態度が柔らかくなり、やってくれそうもなかったロケ企画にも出てくれました。

 

もしかしたら、他の番組での自分たちのレベルや待遇の違いにカルチャーショックを受けたのではないでしょうか?

 

ご存知かと思いますが、この時期からSMAPはバラエティに活路を見出そうとしていたようです。(そこに例の女性マネージャーさんが絡んでいたかは存じ上げませんが…)

 

ただしこれは全員が本意・合意の方向ではなかったように思います。

事務所の方針にただ従ったというメンバーもいたでしょう。

でも、危機感はみんな絶対にあったはずです。

 

ある時、体を使う過酷なコーナーに対しメンバーの1人が不満をぶちまけました。中居さんは“これからはこういうこともやらなきゃダメなんだ”と諭した、そんなエピソードもあったと聞きました。

 

SMAPは、アイドルではタブーとされたかぶり物をしたコントなどにも果敢に挑み深夜番組を中心に知名度を上げていきます。

 

バラエティの壁

そしてデビューから2年半、12枚目のシングルで念願のオリコン1位を獲得します。嘘みたいな遅咲きのトップ獲得でした。

そのあと私の番組は終了します。レギュラー番組が減ってしまうのは痛かったかもしれません。

というのも13枚目のシングルは2位だったので、まだまだ圧倒的なトップアイドルには成りきっていなかったのです。

 

本当に大変なのはそれからだったと思います。

『笑っていいとも』に中居さん、香取さん、草彅さんがレギュラーに抜擢されていましたが、芸人さんがネタを振ってもうまく返せないし存在感が薄い。最初はジャニーズだからアイドルだからで物珍しかったかもしれませんが、役に立たないと番組に迷惑がかかるし他のタレントも気を使う。でもやらなきゃならない。

 

“バラエティ力を付けなければ生き残れない”

 

なにしろ、今まで芸人がやっていた分野をアイドルがやるわけですから並大抵の努力じゃなかったでしょう。

 

常識では考えられなかった『あすなろ白書』

また、木村さんはトレンディドラマ『あすなろ白書』に脇役で出演。これも誇り高きジャニーズとしては考えられないことでしたが、ここで好演したことから『ロングバケーション』主役の座につながったとされています。

 

とにかくメディアの露出が増えれば、若い女の子だけでなく幅広い年齢層のファンが獲得できる。バラエティで新境地を開き、更に様々なジャンルにも仕事の幅を広げていきました。

 

そして冠付ゴールデン番組を獲得

1996年『SMAP✕SMAP』(フジテレビ)がスタート。(直後、森さんが脱退するハプニングもあって大変だったと思いますが)。

思えばバラエティに新機軸を置いて、たった5年ほどで、アイドルがゴールデンのバラエティで冠番組を持つなんて誰が思ったでしょうか。

SMAPは一流のエンターティナーに成長したのです。

 

SMAPがいたから今のジャニーズがある

今では、SMAPを筆頭に、TOKIOや嵐、HeySayJUMP、Kis-My-Ft2などなど、毎日ゴールデンでジャニーズの顔を見ることが出来ますが、それは約25年前、SMAPが新境地を開いたからに他ありません。

 

あの時、従来のジャニーズと同じ流れに乗っていたら、売れずに失敗していたら、現在のテレビ番組は全然違うカタチになっていたでしょう。

 

そしてSMAPの後を引き継ぐアイドルはおろか、ジャニーズ事務所自体が消えていたかもしれません。SMAPの功績は計り知れないほど大きいといえます。

 

ジャニーズの敷居は低くし、自分たちの仕事のハードルは高くしてノンジャンルでのメディア進出に挑んだSMAP。彼らはカッコいいアイドルから進化した

 

“カッコよくて何でもできるアイドル”という新しいアイドルのカタチを確立したのです。

 

 

少しほとぼりが覚めた感がある解散騒動。

まだ終わっていないという声も聞かれますが真相は知りません。

 

とにかく解散はすべきではないと個人的には思います。

SMAPが解散できちゃったら、あとあと後輩たちにもその選択肢ができてしまうし、それがカッコイイみたいな引き際は作らないで欲しいです。

いつの日か、今回の一件を「あんなこともあったなぁ」と5人で笑い合えるようになることを願っています。

602311
THE SMAP MAGAZINE
マガジンハウス

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石原ヒサトシ
この記事を書いた人

放送作家 石原ヒサトシ

放送作家 「クイズ雑学王」、「ボキャブラ天国」等 バラエティを中心にイロイロやってきました。なんか面白いことないかなぁ~と思いながら日々過ごしています。野球、阪神、競馬、ももクロ、チヌ釣り、家電、クイズ・雑学、料理、酒、神社・仏閣、オカルトなことがスキです。

放送作家 石原ヒサトシが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop