“メリー・ポピンズ”と“メアリー・ポピンズ”と“クマのプーさん”の複雑な関係とは

2019/02/18
N田 N昌

約半世紀ぶりの続編公開ということで話題なのが、そう「メリー・ポピンズ・リターンズ」でございます。

そもそも、1964年公開になった「メリー・ポピンズ」は、魔法の使える家庭教師メリー・ポピンズとその働き先であるバンクス家の人々との交流を描いたミュージカル映画でございます。その流れは、続編も変わっておりません。

さらに、そもそもは、イギリスの作家、パメラ・L・トラヴァースさまの児童文学「メアリー・ポピンズ」が原作でございます。

「風にのってきたメアリー・ポピンズ」(作:P.L.トラヴァース 訳:林容吉

出版社:岩波書店)

そう、「映画はメリー」、「小説はメアリー」なのでございます。主人公ポピンズの性格も少し違います。原作小説のメアリー・ポピンズは、子供たちに対してしつけが厳しく、少々怖いキャラなのでございます。ただ、子供達から嫌われているわけではございません。さらに、映画ではバンクス家の子供はジェインとマイケルの2人の設定ですが(続編では3人になっております)、原作小説では、姉弟以外に双子の姉妹がおります。

さらに、映画と原作の間には、こんなエピソードも…

パメラ・L・トラヴァースさまは映画化を嫌い、映画化を承諾した際も、脚本のアドバイザーとして映画に口を出す権利を要求。「アニメシーンを作らない」「楽しいミュージカル映画にしない」などの条件もだし、やっとディズニーによる映画化が実現いたしました。説得に14年もかかったとか…。

そのあげく、プレミア上映を観たトラヴァースさまは、あまりのひどい仕上がりに上映の間じゅう泣きどおしだったとか。もちろん、その後の続編企画は許さなかったそうでございます。今回の続編公開には、こんな黒歴史もあったのでございます。

そして、その「メアリー・ポピンズ」と、去年、初の実写映画が公開になった「クマのプーさん」の関係でございます。もちろん、映画はどちらもディズニーでございます。ですが、それだけではございません。

実は原作小説の挿絵の担当が親子なのでございます。「メアリー・ポピンズ」シリーズの挿絵を担当していたメアリー・シェパードさまの父親が、「クマのプーさん」の挿絵を担当されていたE.H.シェパードさまなのでございます。

ちなみに、メアリー・ポピンズの仕事の依頼は最初、父親のE.H.シェパードさまにきておりました。しかし、父親が多忙で、その代役に娘のメアリー・シェパードさまが抜擢されたのでございます。そう、シェパード家は、父、娘と2代にわたり、イギリスの児童文学に多大な功績を残されているのでございます。

是非、「メアリー・ポピンズ」と「クマのプーさん」の挿絵を見比べてくださいませ。ちなみに、2月9日から4月14日まで、東京渋谷の「Bunkamura ザ・ミュージアム」で、『クマのプーさん展』も開催中でございます。こちらでは、父親のE.H.シェパードさまの貴重な原画が存分にお楽しみ頂けます。

そしてさらに…

原作「メアリー・ポピンズ」が映画化される経緯、制作秘話を描いた映画もDVDになっております。タイトルは、『ウォルト・ディズニーの約束』。主演はトム・ハンクスさま、パメラ・L・トラヴァース役は、エマ・トンプソンさまが演じられております。興味のある方は、こちらも是非。

(文:絵本トレンドライター N田N昌)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。

N田 N昌が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop