知英は真面目でアナログでマメな人!日記を書くことが趣味らしい

2018/10/28
石井隼人

人気だね~、人気だね~、知英の人気は鉄板だね~。元KARAだね~。再結成しないかしら?それは一旦置いておいて、知英が人気を集める理由がわかりましたよ。それを今からお話いたします。

27日に都内で行われたのは、今年に入って知英3本目の主演映画という日米合作『殺る女』の初日舞台挨拶でのこと。知英と武田梨奈、駿河太郎、宮野ケイジ監督が参加したヨ。

知英は、寡黙な暗殺者・愛子を演じたんだって。「色々なキャラクターに出会って、女優としてもお芝居的にも勉強になった。暗殺者というキャラクターはこれまで何度もやっているけれど、愛子は冷静で何を考えているのかわからない人」と真面目に役柄紹介。 

でも結構悩んだらしいよ。「ここまでセリフがない役は初めて。普段は日本語を覚えるのが大変なので、セリフが少なくてラッキーだと思ったけれど、逆に難しくて『私はなめていた!』と思った。どうやって役と向き合えばいいか悩んだこともあるけれど、いい時間を過ごせた。愛子にまた会いたい」と最終的には感謝だよ。 

そんな知英に武田は「完璧すぎる。すべてキラキラしている。でもたまに天然なところもあって、そんなちょっとした隙も素敵。欠点も素晴らしいなんて羨ましい」と大絶賛。駿河も「1回目の上映も2回目の上映も完売…知英すげえ!」と知英人気に目が点だったよ。 

ちなみに知英はスマホでメモるよりも、アナログな日記派らしい。「今日を振り返ることも自分と向き合うという事。今何を考えているのか、何を食べたいのか、ペンを取って書き留めます。紙とペンで書くのは気持ちがいい。これはずっと続けていること」と真面目だし、マメな性格なんですなあ~。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop