菜七子フィーバーの80年前、悲運の第1号女性騎手がいた

2016/04/01
放送作家 石原ヒサトシ

騎手になるために女を捨てた澄子は、髪を短く切り、胸にサラシを巻き、キセルで煙草を吸い、男言葉を使う…。周囲は澄子が女であることを知っていたようです。けれど、熱心に馬と向き合う澄子を“いつか騎手に”と皆応援していたといいます。

弟子入りして7年後の1936年、京都競馬倶楽部で騎手試験を受け、23歳にして念願の騎手免許を取得。これが日本そして世界でも初とされる女性騎手誕生でした。



澄子の苦労を間近で見る調教師は、最初の晴れ舞台は強い馬に乗せてあげようとレースを吟味。満を持してデビュー戦を決めました。

ついに子どもの頃からの夢が叶う…澄子の胸は躍ったでしょう。

しかし、まさかの事態が。

ある日の朝、新聞に“馬に乗った澄子が後ろを向いてウインクし、後続の男性騎手が落馬する”という風刺漫画が掲載されます。いわゆるスクープでした。

この件から競馬関係者が「女性は風紀を乱す」と反対運動を起こす騒動に発展。

競馬を管轄する農林省は澄子のデビュー目前で「女性騎手のレース出場を不可とする」通達を出し、更に翌年日本競馬会が発足すると「騎手は19歳以上の男子とする…」と追い打ちをかける一文を追加します。

澄子は憧れの騎手の道を目前にして断たれたのでした。

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石原ヒサトシ
この記事を書いた人

放送作家 石原ヒサトシ

放送作家 「クイズ雑学王」、「ボキャブラ天国」等 バラエティを中心にイロイロやってきました。なんか面白いことないかなぁ~と思いながら日々過ごしています。野球、阪神、競馬、ももクロ、チヌ釣り、家電、クイズ・雑学、料理、酒、神社・仏閣、オカルトなことがスキです。

放送作家 石原ヒサトシが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop