シュール絵本がまた話題に!人気イケメン絵本作家の「にんげんごみばこ」

2017/06/05
N田 N昌

絵本ファンの方なら、ご存じだと思いますが、絵本を試し読みできるサイトがございます。その名は「絵本ナビ」。小生も活用しております。

 

その絵本ナビで、試し読み回数ランキングで現在1位(5月末現在)の絵本は、「にんげんごみばこ」。もう一度、書きます。「にんげんごみばこ」。…

 

かなりシュールなタイトルでございます。たしかに今、ネット上・大人の間ではシュール絵本・トラウマ絵本が話題ではありますが…。

 

この「にんげんごみばこ」、実は2008年に出版されております。それがなぜ今突然1位に?と思って調べたところ、先日の「世界一受けたい授業」(日本テレビ)で、『今、話題の絵本作家が教える!家族で読んでほしい絵本』という授業があり、そこで作者ののぶみ様が出演され、この「にんげんごみばこ」を紹介されたとのこと。なるほど、テレビの影響力ってすごい…。図書館でも貸し出し中で3人待ちでした。

 

気になる内容ですが、タイトルの通り、人間のごみ箱のお話でございます。主人公の子どもが、いつも口うるさいママ、仕事ばかりで遊んでくれないパパ、自分と遊んでくれない先生を捨てるために「にんげんごみ箱」の行列に並んでいます。行列ができているというのも怖いお話でございます。そして自分の番が来た時、そこにいる係員に「でも、本当に捨てていいの?」と尋ねられます。その主人公の子どもは、なんて答えるのか、どんな行動をとるのか…、というお話でございます。

 

ちなみに、作者ののぶみ様は、絵本界ではかなりの有名人。人気イケメン作家でございます。「情熱大陸」(TBS系)、「アウトデラックス」(フジテレビ)にもご出演、最近ではキングコング・西野亮廣様とも仲がよろしいようで、ニコ生の人気チャンネル「会議を見せるテレビ」にもお二人でご出演されております。

 

のぶみ様のすごいところは、その出版冊数でございます。1999年に「ぼくとなべお」で絵本作家としてデビューして以来、これまでに160冊を超える数の絵本作品を出しておられます。年に10冊超ペースでございます。

 

 

そんなのぶみ様のデビューエピソードがまたスゴイのでございます。6000冊の絵本をわずか1ヶ月で読み、そして自分で300冊描き、その作品を自分で10000回読み、その中から50冊厳選して出版社に持ち込まれたのでございます。ちなみに、絵本を描こうと思ったきっかけは、気になっていた女の子の「私、絵本が好きなの」という一言だったとか。のぶみ様は、その子に気に入られたい一心で「俺、絵本描いてるよ」と口をすべらし、そこから絵本を描き始めたそうでございます。愛の力は強いのでございます。

 

しかし、160冊を超える中から、わざわざ「にんげんごみばこ」を選ばれたのには、今のシュール絵本ブームという背景があったのか、なかったのか…。

 

選書の理由も気になるところでございます。(文:N田N昌)

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。

N田 N昌が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop