リモート疲れを癒す効果的方法とは?

2020/12/16
内藤 みか

すっかり長引いているリモートワーク。なかなか普通に出社するような日々に戻れず、お疲れ気味の人もいることでしょう。旅行もままならないこんな時期は、どのようにしてリモート疲れを癒していったらいいでしょうか。

おうち温泉

筆者は物書きなので、もともとリモートワーカーです。とはいえ今までは、打ち合わせだ取材だパーティーだと月に何度も都心に行っていました。ここまで引きこもりがちな生活は今年が初めてです。

ひたすら自宅で作業をしていると、外の空気を味わいたくなりますよね。そんな時は、おうちの入浴剤を、旅行気分が出るものにするのが手っ取り早いです。各地の温泉の湯に近づけたものや、森の中などをイメージしたものなど色々あるので、湯船で目を閉じて、温泉旅行気分を味わうと気分がスッキリするはず。

おうちで異国

海外にも行くのが難しい最近は、我が家の食事を外国料理風にして楽しんでいます。韓国のジャージャー麺やタイのビーフン、それからモロッコのクスクスなど、材料は日本で手軽に手に入れることができるので、食卓の上だけでも異国情緒を漂わせます。

週に1度くらい、海外ごはんの日があると、メニューもマンネリにならず楽しいです。普段と違う食べ物を楽しむだけで、味覚や視覚も刺激を受け、気分が晴れやかになる気がします。次はどんな料理を試してみようかなと頭を巡らせ、レシピサイトを眺めるのも張り合いのある時間となります。

リモートワークでストレスが

『美的』2021年1月号には「もしかしてウツ!?な心の整え方」という記事があります。リモートワークに疲れ、心の不調を訴える人が増えているのだそうです。慣れないオンライン会議で緊張したり、就業時間外に連絡が来たりと緊張が続き、睡眠に問題を抱えてしまう人もいるのだとか。

こうした時は、自分がリラックスできる習慣を作ることも効果的なのだそうです。温泉旅行に行ったつもりの入浴剤作戦も、気持ちを切り替えるには良い方法なのかもしれません。

おうちから「ありがとう」

記事では、意識的に「ありがとう」を伝えることも、勧められています。なかなか人とリアルに会うことが少なく、確かに「ありがとう」という言葉を使う回数が減ってきているかも。動画会議中に心がけて使うことで、心は安らげそうです。

自宅でひとり奮闘するうちに、知らず知らずにストレスを抱えてしまいがちです。家の中に大好きなアイテムを増やすなどして、お部屋の雰囲気に癒しの要素をプラスし、自分をゆるめることも忘れないようにしたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

内藤 みか
この記事を書いた人

内藤 みか

作家/脚本家/イケメン評論家。著書80冊以上。ケータイ小説時代から電子書籍の自著も多数。脚本担当のラジオドラマ『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)が文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。 ツイッター https://twitter.com/micanaitoh ブログ https://plaza.rakuten.co.jp/micanaitoh/

内藤 みかが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop