田中圭、キュートすぎる土屋太鳳の肩の秘密に大爆笑!「ガッチガチ」

2021/02/08
石井隼人

幸せを追い求めたその女性は、なぜ社会を震撼させる凶悪事件を起こしたのか…。完全オリジナルストーリーで贈る映画『哀愁しんでれら』が2月5日、ついに全国公開!同日には新宿バルト9にて公開初日舞台挨拶が行われ、土屋太鳳、田中圭、COCO、そして渡部亮平監督が出席した。

悲劇的運命をたどる主人公・小春役の土屋は純白ドレスで登場し、その理由を「どうにか小春を幸せにできないかなと思って」と説明。王子様的夫・大悟役の田中については「田中さんが演じると聞いたときは、『なるほど!わかった!』と大悟さんの姿が見えて、小春を身近に感じることができました」と信頼しきり。

撮影現場での心境ついて「心が絡み合っているというか、お団子のように絡み合ってコロコロと転がって…飛び込んだという感じです」と独特に表現すると、すかさず夫の田中が「太鳳ちゃんは面白い表現をするなあとみんな思っているけれど、ニュアンスは伝わっているよ」と優しくフォローしていた。

土屋と田中は本作で3度目の共演。土屋の裏の顔を聞かれた田中は「太鳳ちゃんはストレッチバカ。いつでも体をほぐしている」と体育会系女子としての土屋の一面を紹介。土屋は肩を揉むのが上手いそうで、田中もお返しとばかりに土屋に肩揉みをしたそうだが「マジでガッチガチだった。あのストレッチは何なの!?とビックリたまげた。お前が一番こっとるやないかい!と思うくらいガチガチだった」とストレッチ効果ゼロの土屋のコリを爆笑暴露。

それに土屋は「このコリはどうしようもないというか…。頑張ってストレッチしているけれど」と照れ笑いで「圭さんもマッサージが上手い。ファンクラブイベントで圭さんのマッサージなどやってみたらいかがですか?」と話をすり替えていた。

土屋は田中の裏の顔について「圭さんは裏表がなくて、ありのままが服を着て歩いてきた感じ。寝ぐせも凄いままで現場に来るし、ジャージにサンダルで来る。でも心は温かいので、アボカドみたい。外は柔らかいけれど中はハードボイルドだよという感じ」と個性的な言葉で田中の人柄を表現していた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop