「撮ったら呪われる」に進化!池田エライザ主演のシリーズ最新作『貞子』の容赦ない特報映像が解禁

2019/02/27
佐藤 勇馬

日本を代表するホラーアイコン「貞子」を生み出した映画『リング』シリーズの最新作『貞子』(中田秀夫監督/5月24日公開予定)の特報映像が解禁された。ビデオを観たら呪われる『リング』の恐怖から、現代のSNS時代に合わせて「撮ったら呪われる」に進化した貞子の容赦ない恐ろしさが描かれている。

解禁された特報映像は、主演の池田エライザ演じる心理カウンセラーの茉優(まゆ)の弟でYouTuberの和真(清水尋也)が火事で焼けて立ち入り禁止となった団地の一室に潜入する場面から始まる。室内の壁一面に貼られたお札が映し出された直後、何かを発見した和真の驚愕した表情を最後に映像は乱れる。動画サイトでその映像を見ていた茉優がコマ送りで巻き戻すと、和真の背後に何やら怪しい影が。そこに映っていたのは、長い黒髪に白い衣装をまとった女性……「貞子」の姿だった。

「きっと来~る~」でおなじみの初代『リング』の主題歌をアレンジした「feels like`HEAVEN'」が流れ出すと、貞子が井戸から這い出す “呪いのビデオ”が映し出され、さらに不気味な日本人形、道路に横たわる女性の遺体、茉優と一緒に和真を救い出そうとする祐介(塚本高史)の必死の形相、洞窟の中に佇む謎の少女……と不穏な映像が次々と出現。ラストシーンでは、白い手が恐怖に慄く茉優の顔をわしづかみにする。

YouTuberの自撮り映像に貞子が映りこむ……という現代的な恐怖が描かれ、シリーズ最新作への期待が盛り上がる特報映像になっている。また、「feels like`HEAVEN'」を歌い上げているアーティストの正体は今後発表される予定で、それが誰なのかも気になるところだ。

『リング』シリーズ最新作『貞子』は5月24日公開予定です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐藤 勇馬
この記事を書いた人

佐藤 勇馬

新宿・大久保在住のフリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にスカウトされて以来、芸能、事件、ネットの話題、サブカル、漫画、プロレスなど幅広い分野で記事や書籍を執筆。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など。 Twitter:ローリングクレイドル

佐藤 勇馬が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop