ナガオカがカセットテープを発売 オールドユーザーに根強い人気

2019/07/31
放送作家 石原ヒサトシ

ナガオカトレーディングは、ナガオカブランドのカセットテープ新製品「CT」を7月22日に発売した。録音可能時間は10分、20分、60分、90分の計4タイプ。

この収録分数は、カラオケの練習や、CD・ラジオ番組の録音、会議の記録など用途に応じて選んだもので、使いやすさを重視し、機種を選ばず録音/再生できる“ノーマルポジション”を採用したとのこと。

価格は150円~260円。

「ノーマルポジションって何?」と思う人も多いかもしれないが、昔はテープにグレードがあって

ノーマルテープ < クロームテープ < メタルテープ と高音質で録音できた。当然値段もだんだん高額だった。

ナガオカの参入は、2016年頃からカセットテープの人気が再燃してきたことや、現在製造販売しているメーカーがほぼマクセルで占められていることから、と思われる。

アメリカで“最後のカセットテープ製造メーカー”とされる「ナショナル・オーディオ・カンパニー」が2014年頃から徐々に売上が右肩上がりになり、2015年には1969年創業以来最高の黒字をマークしたとして話題になった。理由は、プロミュージシャンの間でテープの需要が高くそれに音楽ファンが呼応した等、いろいろ考えられるそう。

ユーザーは?

アメリカはさておき、日本での需要は具体的には何なのか? 某家電量販店に伺ったら、「購入者の多くは年配者でテープは10分タイプが一番売れる」と教えてくれた。

用途は“音楽に関する趣味”が主らしい。例えば、カラオケで自分が歌う歌唱を録音する、個人や仲間での楽器演奏、合唱、などをラジカセで録音する、それを聴き直してチェックしたりするわけだ。カセットテープは上書き録音が簡単で、第一に年配者は昔から操作が慣れている。

また、ちょっとだけ巻き戻したり早送りしたい時も、再生状態でボタンを押すと「チュルチュルル~~」と音が聴こえてポイントまで送りやすいというメリットもある。人の話をICレコーダーで録音した音源を文字に起こす作業をすることがあるが、録音したRディスクではこの「チュルチュル~~」操作ができないので凄く不便。これは絶対にアナログなテープのほうがやりやすいとよく思う。

最後に、まだ家に残っていた古いカセットテープを撮ったので残しておく。カラオケが趣味の母がヘビーユーザーで40年ほど前のテープをまだ現役で使いまわしている(笑)

懐かしい、SONYのカセット。AHFはノーマル、UCXはクロームタイプ。

上は「AXIA(アクシア)」最初のTVCMは斉藤由貴だったはず。真ん中は「TDK」の一番安いノーマルタイプ。下は、ケースのシートに録音した曲名などを書いていたのが懐かしかったので。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 石原ヒサトシ
この記事を書いた人

放送作家 石原ヒサトシ

放送作家 「クイズ雑学王」、「ボキャブラ天国」等 バラエティを中心にイロイロやってきました。なんか面白いことないかなぁ~と思いながら日々過ごしています。野球、阪神、競馬、ももクロ、チヌ釣り、家電、クイズ・雑学、料理、酒、神社・仏閣、オカルトなことがスキです。

放送作家 石原ヒサトシが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop