【世界の頂点に輝いたスキルと精神力】西矢椛が金メダル!中山楓奈が銅メダルの快挙 東京五輪スケートボード・女子ストリート

2021/07/26
放送作家 小嶋勝美

Instagram @olympicsより(https://www.instagram.com/p/CRxvp0BCSqZ/)

7月26日に有明アーバンスポーツパーク(東京都江東区)で開催された東京五輪スケートボード・女子ストリートにて西矢椛(13歳)が金メダル、中山楓奈(16歳)が銅メダルの快挙!

西矢は13歳10ヶ月での金メダル獲得で、日本史上最年少メダル記録を打ち立てた。

同じく女子ストリートに出場し、先月の世界選手権で女王に輝いた西村碧莉(19歳)は8位。これまでスケートボード・ストリートを牽引してきた日本のエースらしく、最後まで攻め続ける姿勢を見せてくれた。

女子ストリート出場選手の平均年齢は21.7才。その内10代のスケーターが9人と、新世代のスケーター達が中心の大会となった。

45秒間自由にコース内を滑走する“ラン”を2本と、一発技で得点を競うベストトリックを5本行い、そのうち上位4本の合計得点で争われ、世界ランキング1位のパメラ・ロザや世界ランキング4位のレティシア・ブフォーニらが予選落ちしてしまう大波乱の中、日本選手3名全員が決勝に進出した。

【世界の頂点に輝いたスキルと精神力・西矢椛】

Instagram @worldskatesb より(https://www.instagram.com/p/CRxpAMrlwSn/)

ラン2本を終えた時点で3位につけた西矢は、ベストトリックで大きなセクションに対する技数の多さと、大舞台でも物怖じしない精神力を発揮する。

以下、西矢ベストトリック[]はセクション名。

1本目[8段ハンドレール]ビッグスピンフロントサイドボードスライドをミス。

2本目[12段ハンドレール]フロントサイドフィーブルグラインドを狙うも、着地でミス。

3本目[12段ハンドレール]フロントサイドフィーブルグラインド 4.15点

4本目[8段ハンドレール]ビッグスピンフロントサイドボードスライド 4.66点

5本目[レールオーバーからの8段ハンドレール]フロントサイドリップスライド 3.43点

ミスをしたら後が厳しくなるベストトリック3本目で見事、高難度のトリック決める精神力と高いスキルを見せ、最後には女子で誰も入る事がなかった、難しいセクションを攻略し堂々の金メダルに輝いた。

スキルもさることながら、常に笑顔で大舞台を楽しむ彼女のスケートは、本当に素晴らしいの一言だった。

【高難度トリックで世界を驚かせた・中山楓奈】

Instagram @worldskatesb より(https://www.instagram.com/p/CRxpAMrlwSn/)

ラン2本を終えた時点で4位の中山は、世界を驚かす高難度のトリックでベストトリックに挑んだ。

以下、中山ベストトリック[]はセクション名。

1本目[12段ハンドレール]フロントサイドKグラインドを狙うも、着地でミス。

2本目[12段ハンドレール]フロントサイドKグラインド 5.00点

3本目[ギャップtoレール]フロントサイドKグラインドを狙うもミス。

4本目[ギャップtoレール]フロントサイドKグラインド 4.20点

5本目[12段ハンドレール]フロントサイドブラントスライドを狙うもミス。

ベストトリック2本目、4本目でフロントサイドKグラインドをメイクし、高得点を獲得。

最後には一番大きなハンドレールで、優勝も狙える大技にトライするも、残念ながらメイクは出来なかったが、見事銅メダルに輝いた。

【最後まで攻める姿勢を見せた・西村碧莉】

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Aori Nishimura(@aori_nishimura)がシェアした投稿

西村は予選でベストトリックを3本連続で外してしまい、1本も外せない状態まで追い込まれたが、持ち前の勝負強さを発揮し、残りの2本で見事巻き返し決勝に進出。

決勝では得意のベストトリックを、5本中4本外してしまったが、8位と大健闘した。

実況でも伝えていたが、これまでの日本女子のスケートシーンを引っ張ってきた功績は確かで、多くのスケーターたちに夢を与えてくれた事に称賛の声を送りたい。

19歳の彼女のスケートボードはまだまだ続く。

これからの活躍にも期待したい。

【お互いをたたえ合うスケーター達】

instagram @olympicsより(https://www.instagram.com/p/CRyOdkYLrSk/)

スケーター同士は、大会ではもちろんライバルではあるが、あくまでスケートをする仲間としてお互いをたたえ合う。

そんな姿もスケートボードの魅力の一つ。

今大会でも、大技を決めたスケーターや、果敢に攻めたがミスしてしまったスケーターにも称賛を送る姿が本当に印象的だった。

オリンピックという大舞台でも、これまでと変わらないスケーターたちの姿が見れて、改めて素晴らしい競技だと感じた大会となった。

東京五輪という初の大舞台で、素晴らしいスケートを見せてくれた全てのスケーターに感謝したい。

東京五輪・女子ストリート結果

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

World Skate Skateboarding(@worldskatesb)がシェアした投稿

1位 西矢 椛–15.26

2位 ライッサ・レアウ–14.64

3位 中山 楓奈–14.49

4位 アレクシス・サブローン–13.57

5位 ロース・シュウェツルート–11.26

6位 曽 文蕙(そう・ぶんけい)–9.66

7位 マージリン・アルダ・ディダル–7.52

8位 西村 碧莉–6.92

 

文 小嶋勝美 Twitter: @katsumikojima1

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 小嶋勝美
この記事を書いた人

放送作家 小嶋勝美

お笑い芸人として活動後、放送作家に転身。 スポーツ番組やバラエティ番組などに携わる傍ら、20年以上続けている大好きなスケートボードのライターとしても活動。 コンテスト記事の他、スケボーの情報や面白い発見を伝えていくと共に、スケートボードが持つ素晴らしさを多くの人に広めていきたいと思っています

放送作家 小嶋勝美が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞
    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop