スマホ時代の店舗集客に強い味方!Googleマップを活用したMEO対策の決定版「MAP職人」に新プラン「MAP職人Pro」が登場

2020/09/28
マガジンサミット編集部

MAP職人URL : https://freesquare.co.jp/map-lp/

スマートフォンの普及に伴い、Googleマップの検索結果から行きたいお店や施設を選ぶユーザーが年々増えています。最近は大手グルメサイトのユーザー数が減少しているとされ、その多くがGoogleマップに移行しているとも推測されています。

Google検索結果の上部の「Googleマップ専用枠」の上位に表示させるMEO(Map Engine Optimizationの略称、「地図エンジン最適化」のこと)対策は、SEO対策よりも低コストで集客を促進するする方法として近年は必須クラスになっています。しかし、その一方で競合によるいわれのない悪評や嫌がらせによって低評価の口コミをつけられるなど、Googleマップの活用に苦慮している店舗も少なくないようです。

数々のクライアントのSEO、MEO対策をサポートしてきたフリースクエアは、同社の実績や集合知を基に、さまざまな「日本初」の機能を搭載した「MAP職人」を開発。40位まで表示する「順位チェック機能」、店舗周辺の25箇所を計測出来る「広域順位チェック機能」、40位まで競合の順位をチェック出来る機能、過去36ヶ月のインサイトデータを長期保存、専門家のアドバイスが確認出来る「上位表示のアドバイス機能」など、数々の日本初の機能によって店舗集客をバックアップしてくれます。

実際に同社で施策後、1ヶ月で検索での表示が約4.5倍に増えて問い合わせや認知度増に大きく貢献するなどの例が多数あるとのこと。それだけ多機能でありながら、同社は価格が9,800円/月、1日あたり327円とリーズナブルなことも強みであるとしています。また、多店舗管理機能のリリースも発表されています。

さらに、管理工数のかかる大手チェーンやフランチャイズ向けに「MAP職人Pro」を用意。「マイビジネス毎に権限の振り分けを行えるグルーピング機能」「エリアやブランドごとに店舗をまとめることで、特定の店舗を対象に一斉投稿を行えるセグメント一括管理機能」が追加され、一括で営業時間の変更やメニュー、画像の追加などを行える機能も追加開発されるとのことです。

コロナ禍における店舗業界にとって、管理・マーケティング・コストのサポートや効率化が期待できる強い味方となりそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop