今知っておきたい“神社デザイン”大特集!月刊『MdN』 2016年2月号

2016/01/09
マガジンサミット編集部

新年、神社へ初詣に行かれた方も多いのではないでしょうか?
年始や季節ごとのお祭り、結婚式など、私達の生活に身近な神社ですが、お参りの作法をはじめ、意外に知らないことが多いものです。巫女装束のヒミツや、“お守り”のデザインとご利益の関係。やってはいけない境内での“禁忌”など、神社にはミステリーがいっぱい。神社をもっと知り、豊かな2016年を過ごすための一冊が発売されました。

知ってそうで知らない神社デザイン

神社の境内をよく見てみると、鳥居や狛犬、注連縄(しめ縄)に社殿など、一つ一つのデザインがシンボリックかつ、多種多様なバリエーションに満ち、そこにゆるやかな様式美を感じることができます。神社の見どころを知ることで、より深く楽しめるようになる、そんな特集になっています。

 

■25パターンの“鳥居”徹底図解

神社の入口と言えば誰もが知る「鳥居」。

垂直・水平に重きを置く神明系と、緩やかな曲線美の明神系に大別し、さらに細かい形式に分け徹底解説します。

 

■境内を見守る動物たち“神使・眷属”

霊獣・狛犬をはじめとして、狐や牛など比較的ポピュラーなものからキュートな“狛猫”まで、境内の動物たちとその由来を解説します。

 

■神職・巫女のスタイル研究“装束・衣服”

行事ごとに替わる、神職・巫女の装束は平安貴族のスタイルだった?

有職故実を基にした装束を【正服/狩衣/水干/白衣・袴/巫女装束】に分けて紹介します。

 

■ユニークな結界の意匠の数々“注連縄”

古事記「天岩屋戸」のエピソードにも登場する注連縄。結界の役割を持つ神聖なものながら、その意匠はユニークなものがたくさん!

 

■神社建築はまず“屋根”に注目?

本殿や拝殿の様式はまず屋根に注目!日本古来の住居を基にしたものや、寺院の影響を受けた様式のほか、千木や鰹木、懸魚などディテールも楽しめます。

 

■デザインで見る“御守り”12選

黄金比となるサイズや縁起が良いとされる二重叶結びなど基本形の解説から、デザインに注目したい御守りを、オマモニア(御守りマニア)の林さん協力のもと文様や神獣などテーマ別にセレクトして紹介しています。

 

1321282
月刊MdN 2016年2月号
 インプレス

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop