親子必読のコロナ絵本!? 岡田晴恵教授の絵本の正体とは

2020/04/06
N田 N昌

連日、ニュースもワイドショーも新型コロナウイルス関連一色でございます。

そんななか、感染症の専門家としてワイドショーに連日出演、一躍時の人となっているのが“コロナの女王”こと、白鷗大教授の岡田晴恵さまでございます。毎日、複数の番組をハシゴされております。2020年タレント番組出演本数ランキングの上位に食い込むのでは…。月間だと間違いなく1位でございます。ちなみに、2019年の1位は国分太一(TOKIO)さまで、604番組でございます。

そんな岡田さまですが、実は、2012年に絵本を出されております。それも、今世界中で話題のあのインフルエンザの絵本でございます。それが、こちら!

「インフルエンザウイルスのフルくん」

(文:岡田晴恵 絵:西川智英美 出版社:ポプラ社)

とにかくわかりやすい!大人のわたくしが「なるほど」と楽しめる、満足できる内容でございます。コロナウイルスがどういうものなのか、スッキリと理解できました。さすが岡田さまでございます。どのワイドショーの解説よりわかりやすかったのではないかと…。

昨今、絵本の中でも「科学絵本」とジャンルが注目を集めております。その背景にあるのが、その内容の充実度でございます。子どもだまし…そんなレベルではございません。大人の知的欲求を充分に満たしてくれる内容になっております。是非、大人の方にもご体験頂きたいのでございます。このタイミングで是非、親子で「科学絵本」をご体験くださいませ。

親子でコロナウイルスの怖さ、正体がスッキリ理解できること間違いナッシングでございます。

ちなみに、岡田さまはこの他に、「うつる病気のひみつがわかる絵本」シリーズとして、ノロウイルス、大腸菌・O157、水疱瘡、はしかに関する絵本も出されております。ちなみにタイトルは、「ノロウイルスのノウちゃん」、「腸管出血性大腸菌 O157のベロ」「みずぼうそうウイルスのみず丸」「はしかウイルスのはっしー」でございます。

 

(文:絵本トレンドライター N田N昌)

この記事が気に入ったらいいね!しよう

N田 N昌
この記事を書いた人

N田 N昌

放送作家・ナンセンス絵本マニア 「有田とマツコと男と女」「レゴニンジャゴー(アニメ)」 「天才テレビくんMAX」「小島慶子のオールナイトニッポンGOLD」 など、テレビ・ラジオ番組の構成脚本を担当。

N田 N昌が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop