大富豪は財力だけじゃなく、コミュ力もあった!

2019/08/21
内藤 みか

大富豪は人を大切にし、人を見抜く目があります。大金持ちのコミュニケーション術は、普通とは少し違います。ぜひ学び、できるところからセレブな生きかたを取り入れてみると、金運の流れも違ってくるかも!?

ポジティブワードを多用する

『からだにいいこと』2018年8月号には『執事だけが知る大富豪のお金が増える訳」という記事があります。世界的VIPの執事だったかたが定義するには年収5億円以上、資産50億円以上を富豪というのだそうです。そんなにすごい人たちはさぞかし威張っているかと思いきや、人望が多く、人から慕われているのだとか。

彼らは物事を前向きにとらえ「ハッピー!」「ツイてる」などという言葉をよく連発するのだとか。どんな物事やどんな人物にも良いところはあるわけで、アラ探しではなく、その逆のいいこと探しをしているのです。その姿勢こそが運や福を呼んでいるのだとしたら、ぜひ真似して取り入れてみたいですね。

早起きである

これもよく聞くのですが、お金持ちの人は規則正しい生活を送っているようなのです。記事にも朝4時か5時に起き、大事な用事を朝済ませるとあります。夜に派手に遊んでいるようなことはないのか、あってもきっと特別な時だけなのでしょう。

特に早朝は、誰もメールや電話をしてくる人がいないので、静かに過ごすことができる貴重な時間帯。こうした時間に考え事をしたり、1日の計画を立てるなど有意義に過ごすことで、時間を上手に使っているのかもしれませんね。

相手をファーストネームで呼ぶ

大富豪は、知り合ったばかりの人に対しても、名字ではなく下の方の名前で呼びかけるのだとか。そういえば私も以前、大金持ちのかたとお話しする機会がありましたが、たしかに下の名前で呼びかけられました。そのほうが心理的距離が縮まるからなんだそうです。

これは普通の人間関係でも使えそうな方法です。とはいえ、いきなり相手を名前で呼ぶのはかなり勇気がいるもの。その照れや恥ずかしさを超えたところに、富豪イズムがあるのかもしれませんね。

記事に書かれている内容は、どれも簡単に見習えそうなものばかり。ほんの少し富豪の意識を取り入れるだけで、もしかしたら見えてくる世界も、違ってくるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

内藤 みか
この記事を書いた人

内藤 みか

作家/脚本家/イケメン評論家。著書80冊以上。ケータイ小説時代から電子書籍の自著も多数。脚本担当のラジオドラマ『婚活バスは、ふるさとへ』(YBS)が文化庁芸術祭優秀賞&日本民間放送連盟賞優秀賞。 ツイッター https://twitter.com/micanaitoh ブログ https://plaza.rakuten.co.jp/micanaitoh/

内藤 みかが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop