「コーヒーの日」にHOTする写真コンテスト開催!サプライズゲストに高橋大輔登場

2017/10/02
Shoichi Sato

朝の目覚めに、深夜の一服。仕事の相棒にも、癒しのひと時にも欠かせない飲み物がコーヒーです。

 

国際協定により、コーヒーの新年度は10月から始まります。全日本コーヒー協会(横山敬一会長理事)では1983年より10月1日を「コーヒーの日」と定め、広報活動を行ってきましたが、2015年より国際コーヒー機関において10月1日は「国際コーヒーの日」と定められました。

 

さて、そんなほっこりするような日に、同協会は都内で第2回「Life with Coffee フォトコンテスト2017」授賞式を開催しました。

 

コーヒーと共に過ごす素敵な時間を写真で切り取り、背景にあるストーリーや構図などを競うフォトコンテスト。6,550作品が集まり、東京都の石川和久さんがグランプリを受賞しました。

 

父子の愛の間に温かいコーヒー

 

作品名は「ま、一杯」。秋を感じさせる木々を背景に、火おこししている父へ小さな息子が一生懸命コーヒーを注いでいるシーンです。

 

審査員を務めたミスユニバース日本代表経験を持つ写真家、織作峰子さんは「親子の愛の形がたっぷり感じられる1枚。子どもがカメラを意識していない自然な感じも良かった」と選考の決め手を話していました。

 

グランプリを受賞した石川さんは「頭が真っ白。緊張をほぐすためにアイスコーヒーが飲みたい」と率直な感想を述べ、会場を沸かしていました。また、「目に見えない雰囲気やアロマ、リラックス感が出せたと思う」と語りました。

 

左から織作さん、石川さん、横山会長理事

 

高橋大輔オフショットに女性陣メロメロ

 

当日はサプライズゲストとして人気フィギュアスケーター、高橋大輔さんが登場しました。会場には黄色い声援が飛び交います。「僕も朝と移動中、昼、夜と、14回はコーヒーを飲む。受賞作品はどれも素敵」と話す高橋さん。グランプリ作品を見て「こんな親子の写真を撮ってもらいたい、近々?近々はないと思う」とし、女性ファンは安堵していたようです。

 

インスタグラムでお洒落な写真を披露している高橋さんも、コーヒーの写真を発表しました。1枚目はニューヨークのカフェで撮影したもの。可愛らしいハートのラテアートを真上から収めました。織作さんも「コーヒーの可愛さとゴールドのテーブルの渋さがマッチしている。カップを左下にずらすという構図も良い」と高評価。現役時代と変わらぬバランス感覚です。

 

2枚目はオフショット。パジャマ姿の高橋さんがキッチンでコーヒーをいれています。この貴重なシーンに、会場からは「フゥー!」という歓声が上がっていました。

 

展示会に試飲会、サンプリングなども

 

この日はグランプリ作品を含む各部門の受賞作品8点がイーゼルに飾られ、来場者の目を楽しませていました。また、コーヒーの試飲やサンプリング、ブースの出展もあり、多くの人で賑わっていました。 横山会長理事は「フォトコンテストの認知度が上がっている。インスタグラムの影響で写真への関心も高まっているのでは。来年以降もこのような形を継続していきたい」と話していました。

 

 

この記事が気に入ったらいいね!しよう

Shoichi Sato
この記事を書いた人

Shoichi Sato

地域ミニコミ紙の編集記者、広告代理店を経てフリーライターとして活動中。趣味は山登りなど、スポーツ全般の元高校球児。未確認生物や宇宙、戦国時代 などが好きなロマン追求型。座右の銘は「気は遣うものではなく、配るもの」。 ブログ:s1-thats-WRITE

Shoichi Satoが書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop