中学受験生のママ、ジャガー横田が『合格ッタ』と一緒にすべての受験生へ合格祈願!

2018/12/11
マガジンサミット編集部

食べた後に「くったぁ~」と、ひと息ついて前向きな気持ちになってもらいたい。そんな想いから生まれたカップ麺、「MARUCHAN QTTA(クッタ)」にちなみ、すべてのジャンルのがんばる若手を応援するプロジェクト「QTTAエールプロジェクト」。その一環として受験生を応援する合格祈願イベント『合格ッタ』が、神田明神で開催されました。

2年目を迎える同イベント。今年は女子プロレスラーでタレントのジャガー横田さんがゲストとして登場し、受験生をかかえる母親代表として合格祈願を行い、トークセッションでは受験に関する家族のエピソードなどを披露しました。

受験生の息子とは良い距離感を保つ

間もなく、息子の大維志君が難関私立中学校受験を迎えるジャガーさんのご家庭では、受験日が近づくにつれピリピリした雰囲気になっているそう。「私自身は受験を経験してこなかったので、これほど大変だと思いませんでした。息子が余計な緊張をしないように良い距離感をもって接していいます」と、小言を言いたくなる時は、誰もいない自室でこっそりとつぶやき、受験が終わったら「覚えておけよ!」と思いつつ、勉強に集中できる環境づくりを心掛けているそうです。

特に、食事や健康管理に気を使っているというジャガーさんは、「頭を使うとものすごくお腹が空くみたい。特に勉強と勉強の合間に小腹が空くので『QTTA』 はちょうどいい。一日、4食が欠かせない」と話しました。

「息子は、甘えるコトバや辛いなど愚痴もなく、ネガティブなことを言わない前向きな姿勢は親としても感心する。主人の考え方とよく似ていて、父親の良い影響を受けているなと思う。主人は受験の経験もあり、息子には良い指導や適切な言葉を言ってくれる。息子も先輩としてリスペクトしているようで、常に家では2対1、私が独り」と、成長してゆく息子さんに対する寂しさを話しつつ「反抗されてもぶん殴ったりできないですよ。虐待で訴えるよ?とか言われて、しつけは難しい。なので、意外と息子は殴っていません!」と告白し集まった記者たちの笑いを誘いました。

ちなみに、ジャガーさん自身は「QTTA」のトマトクリーム味が好みだそう。息子さんはカレー味が大好きだそうで「食べた後の満足感が最高。絵馬付きの『合格ッタ』は心強い味方になると思う」とし、「息子の受験を通して私自身も成長させてもらっている。合格するのが一番だけれども、意味のない受験などなく“挑む”ことに大きな意味があると思う。ぜひ、皆さま頑張ってほしいです」と締めくくりました。

神田明神にて合格祈願の祈祷をされた、オリジナル絵馬が入ったMARUCHAN QTTA(クッタ)の『合格ッタ』は、受験生のいる都内の高校や受験生が宿泊するビジネスホテルなどにて、約5000セット配布され、プレゼントされるそうです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop