薄毛・抜け毛に悩む男子必見。これだけはやっておいて!髪を労わる洗髪テク

2018/09/21
マガジンサミット編集部

夏の終わりに髪の毛が痩せて細くなる、いわゆる“夏枯れ”は本当にあるのでしょうか? 巷では「夏の間に浴びた紫外線のダメージが薄毛につながる!」といった記事も多く見られ気になるところです。

美容師歴25年、美容室『jiyume』(杉並区 荻窪)を営む沢丸保切(さわまる ぽきーる)さんに実際のところを伺うと

――「髪の毛をカットさせていただいくと、確かに夏前よりも髪の毛が細くなっているかな? と感じることがあります。ごく普通に生活していれば、ごっそり抜けてしまうようなことはないと思いますが」とのこと。

どうやら髪の“夏枯れ”は本当にあるようです。そこで今回は、「夏の終わりの頭皮ケア」と題しプロが実践する洗髪やシャンプー、さらに薄毛をカバーするヘアスタイルなどについて伺いました。

写真)オシャレ人の多い文芸と緑の街「荻窪」で美容室と撮影スタジオを営む沢丸さん

夏枯れヘアになる理由

私たちの身体は紫外線を浴びると体内で活性酸素が増えます。本来、活性酸素は殺菌力が強く細菌やウイルスを撃退する役目があるのですが、増えすぎると正常な細胞までも攻撃してしまい、それが頭皮や毛穴の老化につながります。

また、男性の頭皮は、額や鼻、顎などにくらべ約2倍の皮脂が出ているといわれ、女性と比べてもその分泌量は多いです。皮脂は活性酸素が結びつくことで、過酸化脂質(錆び)に変化し、毛穴につまったそれらは髪の成長を妨げ、抜け毛や薄毛の原因につながるとされています。

簡単!誰でもできるヘアケアの方法

そこで、毛穴に詰まった汚れや酸化した皮脂を洗い流すことが頭皮ケアのポイントになるのですが、洗いすぎないように必要な皮脂と水分を残しながら、頭皮を揉み込むように洗うとよいと思います。

特に、美容師の洗髪ではシャンプーをよく洗い流すこと、そして頭皮を傷つけないことに2点に気を使います。

まずは髪をよく濡らす

水・お湯のみでよく洗う流すことを「予洗い」といいます。髪がよく濡れていないと洗うときに摩擦がおき、頭皮や髪に傷みを引き起こすので丁寧に濡らしましょう。

シャンプーをよく泡だてて洗う

泡のキメが細かいほど頭皮の汚れも落ちやすく、また指との摩擦を防ぎます。泡だちをよくさせるためにも「予洗い」は大切ですね。

指の腹で洗いマッサージ

爪を立てて洗うと頭皮に傷をつけてしまいます。指の腹で頭皮を揉み込み、マッサージをする気持ちで洗うとよいと思います。マッサージは育毛効果もありますよ。

なるべく髪を労わるシャンプーを選ぶ

髪に優しいという意味では、完全オーガニックのシャンプー&リンスが理想ですが、市販で100%オーガニックかどうか成分を見極めるのは難しいですよね。

あくまで目安ですが100%オーガニックの商品は「使用期限」※の記載があり、それなりに高価です。サロン専売品とほぼ同額になってきますので…ならば市販でなくサロン専売品がおススメです。何より美容師さんに、自身の髪質にあったシャンプーを選んでもらえるのが強いと思います。

ご自身の手と美容師という第三者の手による洗髪では勝手が違うので、同じようにとはいかないかも知れませんが、ちょっとした手間でダメージが軽減するので参考にしていただければ嬉しいです。

※未開封で3年以上保存可能なシャンプーやリンスには「使用期限」の記載義務はない。そのため、保存成分が含まれるなど、生産・流通に適した一般的な商品には「使用期限」の記載がほとんどない。なかには100%オーガニックでなくても記載のある商品もある。

薄毛をカバーできるヘアスタイルは?

ずばり、清潔感のあるヘアスタイルです。

あまり切りたくない…と思う気持ちも分りますが、逆に残すことで薄毛を目立たせ、むさくるしいイメージにつながることがあります。

薄毛は頭頂部からくるものと前頭部からくるものがあり、頭頂部の薄毛対策は横と後ろをスッキリさせることが大切です。特に、両ハチ(側頭部)に毛がたまると横幅にヴォリュームを感じてしまうため、余計にもったいないヘアスタイルになります。

前頭部、いわゆる生え際からの薄毛は、トップから髪を長めに伸ばすのが適当だと思いますが、なんといっても清潔感が第一。美容師さんにお願いするときには「清潔に見えるように」とオーダーすれば、大抵は意図を読み取ってくれると思います。

夏の疲れとストレスケアも大切

今回は、夏にまつわる髪のダメージについてお話しましたが、僕の経験上では仕事のストレスや、寝不足などの不規則な生活が髪に影響しているケースを多く見かけます。気がつかぬところで円形脱毛症になっている場合もあり、夏場のダメージが重なるとより顕著になるのかも知れませんね。

ひと口に抜け毛・薄毛といってもその理由はさまざま。女性の場合はダイエットや産後に急変化することもあります。ホルモンの分泌量や年齢も関係しますし、コレステロール値の良し悪しなど内臓脂肪の有無も影響します。

「夏の間に不規則な生活をした」「酷暑で身体がバテ気味」「ストレスが溜まっている…」などと感じたら、ぜひ、丁寧に洗髪してみて下さい。気持ちをリフレッシュする効果もありますよ。

出典 https://jiyume.com/

■jiyume atelier ジユーム アトリエ  東京都杉並区荻窪4-12-16 1F/2F

OPEN 9:00〜20:00 月・火曜日定休

■jiyume CLASSIC ジユーム クラシック  東京都杉並区荻窪5-22-1 106号

OPEN 9:00〜20:00 火・水曜日定休

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop