VANS PARK SERIESアジア日本初開催!岡本碧優・笹岡建介が優勝!

2019/11/04
放送作家 小嶋勝美

Photo by binwanD

11月3日に神奈川県藤沢市にある鵠沼海浜公園スケートパークでVANS PARK SERIESアジア地域選手権が日本で初めて開催され、男子は笹岡建介、女子は岡本碧優が優勝を飾った。

男子は笹岡が決勝1本目のランで、アジア選手権では群を抜く高さのエアに加え、ヒールフリップインディとキックフリップインディの2種類のフリップトリック、ミュート540などをノーミスでメイクし、見事優勝。

女子ではパーク種目で、現世界女王の岡本がコンテスト内では初となるキックフリップ インディグラブをメイクするなど、2位と10点以上の差をつけ圧巻の滑りで優勝した。

VANSパークシリーズはスケートボード・パークのコンテストでは世界最高峰の大会。

現在、2020年の東京オリンピック出場の為のポイントと関わりはないが、パーク種目では世界トップクラスの権威あるコンテストとなっている。

今大会は2020年シーズン初戦となり、優勝するとワールドチャンピオンシップ2020への出場資格を得ることが出来る。

VPSアジア男子リザルト

1位・笹岡 建介 -86.31

2位・永原 悠路 -84.72

3位・阿部 海璃(カイリ) -78.70

4位・増田 薫 -74.45

5位・徳田 凱 -73.43

6位・坂本 輝月 -71.13

7位・内田 怜臣 -70.17

8位・菊池 泰世 -66.86

VPSアジア女子リザルト

1位・岡本 碧優(ミスグ) -89.11

2位・菅原 芽依 -77.61

3位・溝手 優月 -77.12

4位・上村 海音(ミオン) -66.92

5位・クサキ ヒナノ -65.77

6位・西城 翠玖(ミク) -44.96

7位・Nuimas Bunga Cinta -44.09

※女子参加選手は7名

 

写真・binwanD

文・小嶋 勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 小嶋勝美
この記事を書いた人

放送作家 小嶋勝美

"お笑い芸人としてライブ・舞台・イベントなどの出演経験を経て現在は放送作家しても活動。  実績・「だけど食堂」、「マツコの知らない世界」、「裸の王様」など。 スケートボードを趣味としており、スケート歴は10年以上になる。関東各地のパーク・ストリートスポットやスケート情報などに精通している。"

放送作家 小嶋勝美が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop