TAMPA PROで池田大亮が日本人初の表彰台、3位の快挙!

2019/03/04
放送作家 小嶋勝美

アメリカ・フロリダ州タンパにて現地時間3月1日〜3日に世界中のトッププロスケーターが集まる最高峰のスケートボードコンテストTampa Pro 2019が開催され、日本からは西村碧莉、池田大亮が出場。

池田大亮が見事3位に輝き、Tampa Proでは日本人初の表彰台に上がった。

池田大亮は準決勝を1位で通過後、決勝1本目のランでいきなり89.33ポイントを獲得。

1位に躍り出たが、最終的には3位となった。

今大会唯一の女子選手となった西村碧莉は予選64位。

池田大亮が所属するデッキブランドHIBRID skateboardsオーナーの早川大輔氏が3月1日に行われたチームマネージャーや業界関係者向けのコンテストに出場し6位に入賞している。

Tampa Proとは?

※instagramより

アメリカ・フロリダ州タンパにて毎年開催され、世界中のスケーターが注目するスケートボード界では伝統あるコンテストの祭典。今年25回目を迎える。

世界中の選び抜かれたトッププロスケーター80人以上が予選から集まり、さらにセミファイナルからは過去の優勝者たちも混じっての戦いとなる。

池田大亮は昨年のTampa Am2018で優勝し、今大会の出場権を得ている。

決勝で披露したキラートリック

国内デッキブランドHIBRID skateboardsのライダーが世界最高峰のコンテストで躍動した。

池田は決勝1本目で「バックサイド270 リップスライド 270アウト」→「マックツイスト(540度回転に縦回転を加えた3Dトリック)」→「フロントサイドキックフリップ」→「バックサイド360ビガースピンフリップ」→「バックサイドテールスライド」→「ノーリーノーズスライド」→「スイッチフロントサイドビッグスピンヒールフリップ」→決勝まで温存してきた「バックサイド270キックフリップ リップスライド」を披露。

おそらく狙っていたであろう270アウトまではいかなかったが、何とかメイクしラン1本目で89.33ポイントの高得点を獲得した。

Tampa Pro2019日本人選手の結果

予選

※1位〜2位は決勝進出 3位から30位は準決勝へ進出

8位 池田大亮

64位 西村碧莉

準決勝

※上位10人がファイナル進出

1位 池田大亮

決勝

1位 CARLOS RIBEIRO

2位 JAKE ILARDI

3位 池田大亮

4位 IVAN MONTEIRO

5位 KELVIN HOEFLER

6位 LUAN OLIVEIRA

7位 MARCOS MONTOYA

8位 ISHOD WAIR

9位 TOREY PUDWILL

10位 RYAN SHECKLER

11位 LEHI LEITE

12位 ZION WRIGHT

 

モブグリップ for effort賞は、盲目のスケーターDan Mancina(ダン・マンシーナ)が受賞した。

 

※instagramより

 

写真提供:早川大輔氏

文・小嶋勝美

スケートボードを趣味としており、ライターとしてスケートボード関連の記事を執筆。

約10年間芸人として活動後、現在は放送作家としても活動中。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

放送作家 小嶋勝美
この記事を書いた人

放送作家 小嶋勝美

"お笑い芸人としてライブ・舞台・イベントなどの出演経験を経て現在は放送作家しても活動。  実績・「だけど食堂」、「マツコの知らない世界」、「裸の王様」など。 スケートボードを趣味としており、スケート歴は10年以上になる。関東各地のパーク・ストリートスポットやスケート情報などに精通している。"

放送作家 小嶋勝美が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop