林ゆめ、御寺ゆき、青山ひかる、極上ボディが弾ける絶品アザーカット公開

2019/02/19
マガジンサミット編集部

(c)唐木貴央/週刊プレイボーイ

「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー18-19」に選出された現役レースクイーンの林ゆめ(23)、現役美人マジシャンの御寺ゆき(24)、Iカップグラドルの青山ひかる(25)が、18日発売の「週刊プレイボーイ」9号(集英社)のグラビアに登場。キュートでセクシーなアザーカットと本人コメントが公開された。

同号は3人が所属する「ゼロイチファミリア」のタレント総勢12名が表紙から巻末までグラビアページを完全ジャック。林と御寺は沖縄を舞台にコラボグラビアを撮影した。

林は撮影を振り返って「御寺ゆきちゃんと沖縄で撮影をしました。2人でくっついて、いつもより近い距離で撮影をして、ふとした時にゆきちゃんを見ると目の前に顔が合って少し照れました(笑)」と思い出を語り、「衣装全部かわいくてお気に入りなんですけど、1番好きなのは色違いでゆめが黒、ゆきちゃんが赤の水着の!」とお気に入り衣装についてコメントしている。

(c)唐木貴央/週刊プレイボーイ

一方の御寺は「現場は寒くて震えながら撮影してました。でもそんな寒さもたまに忘れるくらい綺麗な海にテンションが上がっていたのと、ゆめちゃんと一緒だったから更に楽しく撮影できました!」と撮影を満喫したことを明かしつつ、「自分の中では部屋でのランジェリー撮影がいちばんのお気に入りです。今まで撮影でランジェリーをしたことがなかったから恥ずかしい気持ちよりも 良い作品にしたいって気持ちが強くて撮影に挑みました」と大胆な露出に挑んだことを告白している。

(c)唐木貴央/週刊プレイボーイ

ソログラビアで登場した「Iカップ猫娘」こと青山ひかるは、「フレッシュさは、他の子に任せて私は、大人めに。いつも以上に気合いが入った撮影でした。上をいけるようなグラビアを。爪痕を残せるようなグラビアを。と思い、たくさん色んなことをしました!」とコメント。大人セクシーな魅力を強調したことをアピールしている。

(c)唐木貴央/週刊プレイボーイ

ベージュ色のスク水タイプの水着がお気に入りだったそうで、「水に濡れるといい感じに透けているので私の好きな水着のひとつです。胸元も空いているので『例のスク水』として流行らないかな笑」とお茶目に語った。

(c)唐木貴央/週刊プレイボーイ

林ゆめ、御寺ゆき、青山ひかるのグラビアが掲載された「週刊プレイボーイ」9号は、2月18日より発売中です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

pagetop