【動画インタビュー】水谷豊監督の演出術について語る‼中山麻聖×石田法嗣インタビュー/映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』(5月10日公開)

2019/04/26
マガジンサミット 儀保

5月10日から公開の映画『轢き逃げ 最高の最悪な日』。本作は、「相棒」シリーズでおなじみの俳優・水谷豊の長編映画監督第2作。
水谷による完全オリジナル脚本で、ひき逃げ事件の加害者、被害者の両親、事件を追う刑事たちの人生が複雑に絡み合い、彼らが心の奥底に抱える何かを浮き彫りにしていく様を描いた物語。

そこで、今回は本作に出演する中山麻聖さんと石田法嗣さんに独占インタビューを敢行!!撮影の裏側や役どころは勿論、水谷豊監督の演出法まで多いに語ってもらいました。

 

ストーリー

ある地方都市で起きた交通事故。一人の女性が命を落とし、轢き逃げ事件へと変わる。
車を運転していた青年・宗方秀一、助手席に乗っていた親友・森田輝。二人は秀一の結婚式の打合せに急いでいた。婚約者は大手ゼネコン副社長の娘・白河早苗。悲しみにくれる被害者の両親、時山光央と千鶴子。その事件を担当するベテラン刑事・柳公三郎と新米刑事・前田俊。平穏な日常から否応なく事件に巻き込まれ、それぞれの人生が複雑に絡み合い、抱える心情が浮き彫りになっていく。

彼らの心の奥底に何があったのか?何が生まれたのか?その悲劇の先に、彼らは何を見つけられるのか?

 

豪華キャスト

大企業に勤め、結婚も控え幸せ絶頂でありながら轢き逃げ時間を起こしてしまう、秀一役は特撮ドラマ「牙狼 GARO 魔戒ノ花」の中山麻聖。秀一の親友であり、事件の際、助手席にいて共犯となってしまう、輝役に「カナリア」は石田法嗣。

物語の鍵を握る加害者側の2人はオーディションの末、大抜擢となりました。さらに、突如、夫の起こした事件に向き合うことになる秀一の妻・早苗役には小林涼子、事件を追う若手刑事・前田役に毎熊克哉と若手実力派がキャスティング。

また、事件を追う被害者の父・時山は水谷自身が演じ、その妻・千鶴子役に近年ではTBS「陸王」やNHK連続テレビドラマ小説「とと姉ちゃん」のナレーションでも確かな存在感を示している檀ふみ。そして、事件を追うベテラン刑事・柳役は「TAP -THE LAST SHOW-」に引き続き水谷組参加となる、盟友・岸部一徳が演じ、計7名の個性豊かな俳優陣を中心に、“轢き逃げ”からはじまる人間模様が描かれます。

©2019映画「轢き逃げ」製作委員会

 

『轢き逃げ -最高の最悪な日-』

出演:中山麻聖 石田法嗣 小林涼子 毎熊克哉

水谷豊 檀ふみ 岸部一徳

監督・脚本:水谷豊  撮影監督:会田正裕  音楽:佐藤準  

©2019映画「轢き逃げ」製作委員会

http://www.hikinige-movie.com/

テーマソング:手嶌葵「こころをこめて」(ビクターエンタテインメント)

5月10日(金)全国ロードショー

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット 儀保
この記事を書いた人

マガジンサミット 儀保

表の顔はディレクター兼カメラマン。実は、年間700本の映画を観賞する映画好き。どんな作品でもオススメのポイントをピックアップ。映画好きから、普段、あまり映画を見ない方にも、幅広い映画の楽しみポイントをご提供できればと日々邁進中? 映画関連tweetも日々、更新してます @yungibo

マガジンサミット 儀保が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop