吉岡里帆が「視力を失った元警察官」という難役に挑戦!主演映画『見えない目撃者』ティザービジュアル解禁

2019/04/25
佐藤 勇馬

(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.

女優の吉岡里帆(26)が、サスペンス・スリラー映画『見えない目撃者』(9月20日公開予定)で主演を務めることが決定。「視力を失った元警察官」という難しい役どころに挑戦することがわかった。同時に、今まで見たことがないような吉岡の表情が印象的なティザービジュアルが公開された。

今作は2011年に韓国で大ヒットした映画『ブラインド(※原題:BLIND)』を原作に、日本ならではのリアリティや社会性を大胆に付与しながら、観客を戦慄させる「猟奇殺人」「女子高生誘拐」「身近な恐怖」などといった要素を詰め込んでいる。

吉岡が演じる主人公の浜中なつめは、警察学校卒業式の夜に事故で最愛の弟を亡くし、その事故が原因で視力まで失ってしまった女性。ある日、車の接触事故に遭遇した彼女は車内から助けを求める少女の声を耳にする。誘拐事件と考えた彼女は、視力以外で感じ取った“目撃情報”を警察に訴えるも「目撃者に足り得ない」として捜査は打ち切りに。それでも少女を助けたいと思ったなつめが、聴覚、嗅覚、触覚などを駆使して自ら事件の闇に切り込んでいく…というストーリーだ。

解禁されたティザービジュアルは、迫りくる危機に果敢に立ち向かう主人公・なつめの強さを感じさせる仕上がりとなり、今までの吉岡の出演作やCMで見せたことがないような表情が強烈なインパクトを放っている。

吉岡は難しい役柄に挑んだことについて、「この"なつめ"という役は今まで演じてきた人物の中でも群を抜いて難しい役でした。巷の言葉を借りるなら、平成最後の闘い抜いた作品です!」とコメント。続けて「視力を失った元エリート警察官。視界が闇に包まれている中でのアクションやサスペンス要素は想像以上にゾクっとする瞬間が多く、なつめとバディを組む盲導犬の"パル"がひとすじの光でした」と、独特のサスペンス・スリラー要素を含んだ今作の見どころを語っている。

さらに、吉岡は「この作品を撮るにあたり、警察官、視覚障害者の方、盲導犬トレーナーの方に、多大なるサポートをしていただきました。そして、現場のチームの皆様とは励まし合いながら過酷な撮影現場を共に走り抜けました。心から感謝しています。本当に魅力的な組に恵まれました。積み重ねたカットが繋がって、皆様の心を映画の世界へ誘ってくれる事と思います」と感謝の言葉を述べた。

吉岡里帆が主演する映画『見えない目撃者』は9月20日より全国公開予定です。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

佐藤 勇馬
この記事を書いた人

佐藤 勇馬

新宿・大久保在住のフリーライター。個人ニュースサイト運営中の2004年ごろに商業誌にスカウトされて以来、芸能、事件、ネットの話題、サブカル、漫画、プロレスなど幅広い分野で記事や書籍を執筆。著書に「ケータイ廃人」(データハウス)「新潟あるある」(TOブックス)など。 Twitter:ローリングクレイドル

佐藤 勇馬が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

【胸熱】渋谷モディでスパイダーマン体験が出来るんだけど皆もう行った!?

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop