人気声優の沢城みゆきと宮野真守、役所広司が経験した過酷さに唖然

2019/11/18
石井隼人

名優、役所広司×名プロデューサー、テレンス・チャン!日中合作の圧倒的スケールで贈るアクション・エンターテインメント超大作『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』がついに全国公開された。翌16日には東京のTOHOシネマズ日比谷にて公開記念舞台挨拶が行われ、主演の役所広司、声優の沢城みゆき、宮野真守が出席した。

標高8848M/氷点下83℃という過酷な条件下にある、世界最高峰・エベレストを舞台にしたアクション・ミステリー。ヒマラヤ救助隊「チーム・ウィングス」のジアン隊長を役所広司、その「チーム・ウィングス」のメンバーにチャン・ジンチューやリン・ボーホンら国際色豊かな俳優陣が扮している。

主演の役所は撮影を振り返り「監督が粘り強くて、何がダメなのかと思うくらい何度もアクションをやる。ガタイのいい俳優さんもヒイヒイ言うくらい。僕もヒイヒイ。アクションのある映画は大変だなぁと思いました」とハードな演出スタイルを回想。キャリア初のワイヤーアクションにも挑戦したが「吊るされているだけなので楽かなと思いきや、体幹も必要。体中がロープに絡まっていたので、アザだらけになりました」と苦笑い。共演者のチャン・ジンチューは30時間近くワイヤーで吊るされた状態だったそうで「近くのホテルで出番を待っていたら、深夜12時になってもお呼びがかからず。スタッフが現場に確認に行ったら『チャン・ジンチューさんがまだ吊るされていましたよ』と…」と衝撃的状況を明かした。

これにチャン・ジンチューの日本語吹替を担当した沢城と、リン・ボーホンの日本語吹替を担当した宮野は「そんなエピソードの後に僕らが話すものはありません!」と大恐縮。それでも吹き替え時の苦労を聞かれた沢城は「1秒ごとにアクションが変わるし、その中にあるキャラクターの感情や情報を拾い上げていくという果てしない作業がありました。セリフよりも呼吸や吐息がモノをいうアクション作品なので、そのアクションをいかに語源かしていくか。吐く息も白いのでそれに自分の呼吸を合わせるのも大変。もしかしたら今年1番大変な仕事だったかもしれない」とアフレコ現場の知られざる熱演を紹介した。

宮野も「短い収録時間の中でドラマチックな展開を一気に録っていく作業。今回はアクションとサスペンス要素もあり、感情の動きも激しくて、グッと力が入る部分がありました」と疲労感があった様子。役所も吹き替えに挑んだが「確かに疲労感はありますね。呼吸も映像だと編集がなされてるので、正常な呼吸のスピードではない。それが結構大変でした」と苦労を滲ませた。声優としての労力を知った役所から、声優としての役作りや事前の準備などを感心された沢城と宮野は「声優をやっていたよかったぁ~!」と大喜びだった。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop