柴咲コウ、超カワユス子役のサプライズに令和直前平成最後の母性ダダ漏れ

2019/04/24
石井隼人

それは23日に都内で行われたWOWOW「連続ドラマW 坂の途中の家」の第1話完成披露試写会でのこと。柴咲コウ、田辺誠一、伊藤歩、眞島秀和、水野美紀が参加したゾ。

プライベートは独身ながらも、劇中では母親役を演じた柴咲に対し、娘役で共演した6歳・松本笑花がサプライズ登場。べっぴんママに初夏先取りの花束を贈呈したゾ!松本は「お仕事は大変だったけれど楽しかったです」と可愛らしく共演を振り返ると、もう柴咲はデッレデレ。腰をかがめて目線を合わせながら「ちょっと大きくなった~?髪の毛も伸びたね~?可愛くなりました~」と平成最後の母性ダダ漏れだったゾ。

父親役の田辺は「本当に可愛いけれど、芝居で泣く時は本気で全身で泣くし、止められないくらいの勢いでお芝居をする」と松本の早すぎる女優魂紹介。それに柴咲も「子役というのが不思議なくらい演技が自然で、私もそれに引っ張られる形で自然に芝居ができた」と6歳に大感謝で「勉強させていただきました!」と超絶リスペクトだったゾ!

直木賞作家・角田光代氏による同名小説の連続ドラマ化。乳児虐待死事件の補充裁判員に選ばれた主婦の山咲里沙子(柴咲)が、被告と自分自身を重ね合わせながら、“家庭”という閉ざされた世界を見つめていくサスペンスだ!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

【胸熱】渋谷モディでスパイダーマン体験が出来るんだけど皆もう行った!?

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop