あの、一生の、お願い、です…一喝してもらえませんか?関西弁で…戸田恵梨香様

2019/02/05
石井隼人

やっぱり笑顔が一番だよ。でも一喝されてみたい。そんな女優さんがいました。戸田恵梨香です。

それは4日に都内で行われた、映画『あの日のオルガン』(2月22日公開)のプレミア上映会でのこと。大原櫻子、佐久間由衣、三浦透子、堀田真由、平松恵美子監督も参加。太平洋戦争末期の保育園の保母さんを演じた実録ものだよ。

W主演の大原から「子役たちがふざけてなかなか整列しないときに、恵梨香さんが『うるさい!』と一喝していた」と暴露された戸田は「それ言い方!」と苦笑するも、「子役の9割が関西の子たちだったので、それにつられて私も地元が兵庫なので『うるさいねんっ!』と…」と実際はハード目。大原は「それを聞いたときにハッ!としたけれど、騒いでいた子供たちはシーンとなって言うことを聞いていた」と、戸田の見事なる保母さんぶりに目を見張っていたゾ。

ちなみに30歳の戸田は、保母さんの中でもリーダー的存在の役柄。それに戸田は「(大原ら共演者と)歳がそこまで離れていないと思ってみんなに年齢を聞いてみたら、20代前半で衝撃を受けた記憶がある。現場に入るまで自分がリーダーに見えるか不安で心配だったけれど、年齢的には全然リーダーだった…」と自虐で笑わせた。

撮影に入る前に実際に保育園で実習したんだって!保母さん体験に戸田は「とにかく体力がいる。ペアになって担当させていただいたんですけど、私とさくちゃん(大原)の組はひたすら鬼ごっこ。公園に着くまで走って、公園に着いてからも走って、帰りも走る。こんなに体力がいるんだなって学びがありました」と苦労を実感していた。バブ~。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop