髭モジャは帰れ!僕たちに必要なのはフェロモンダダ漏れ愛人・橋本マナミサンタだ

2018/11/19
石井隼人

髭モジャサンタよ、これが“まなみサンタ”だ!髭モジャ時代は終焉を迎えた!ゲラウェイ!ゴーホーム!カーモンベイベー橋本!

そんな感じに世の男子全員がご乱心になったのは、19日に都内で行われた建築関係求人サイト「俺の夢」のクリスマスプレゼントキャンペーンPRイベント。我らが愛人、橋本マナミ女王様が参加されたのだ。

 “マナミサンタ”としてスカートヒラヒラなサンタコスプレで色香を振りまいて登場。「セクシー系衣装と可愛い系衣装があったのでセクシー系かな?と思ったら、こちらですと可愛い系を指定されたけれど…フェロモン出ていますか?」と十分ムンムン登場。しかしセクシー系を「良し」としなかった関係者には減給を命じたい気持ちはある。でもマナミ女王様は写真撮影の時に胸元を広げるサービスで、愛人プロフェッショナルぶりに抜かりは一つもなかった。

そんな女王様はクリスマスにいい思い出はないそうだ。それは8年前のクリスマス。「一目惚れ彼氏との初めてのイヴに手料理を作ろうと思って、材料とプレゼントを買って彼の家に向かいました。でも道の途中で彼から『途中の定食屋で待っていて』と言われてワクワクして待っていたら、やって来た彼から『もう別れてほしい』と…。なんの前触れもなく」と衝撃的破局タイミングを告白。

こんなムンムン女王様をフルとはけしからん!なぜだ!?なぜだ!?WHYなぜに?そんなドイヒー仕打ちにも女王様は可憐だよ。「今だったら『なんで?』と聞くけれど、当時は『うん』としか言えなくて。帰り道に号泣するという切ないイヴでした。とりあえず無になった。何も考えない」。ううう…マナミみん…。そして今後についてはこう語ったよ。「セクシーは守りつつ頑張りたい」。やっぱり橋本マナミ女王様はハラショーだ!イヴはこの写真群を見ながらひとりでクリスマスケーキ食べる~。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop