小松菜奈殿、ご乱心?!努力バッサリカットに「ショック」

2019/01/22
石井隼人

美女優の小松菜奈殿が、イギリス人監督に公開物申す! 

それは21日に都内で行われた、映画『サムライマラソン』(2月22日公開)完成披露イベントでのこと。佐藤健、森山未來、染谷将太さん、青木崇高さん、竹中直人さん、小関裕太さん、木幡竜さん、バーナード・ローズ監督も参加しましたゾ。 

撮影の約1ヶ月前から殺陣のトレーニングを行っていたという、頑張り屋さんの小松殿。しかしバーナード監督は現場でのパッション&ひらめき重視の演出スタイルじゃ。ゆえに小松殿は「あんなに練習したのに、殺陣のシーンは現場でバッサリとカット。シンプルなシーンになって良かったけれど…でもショックでした」と努力水の泡にガックリ。

すると佐藤は「めちゃくちゃ練習していたよね?」と小松殿の努力を労う一方で「でもそれは段取りだから!監督が望んでいるのはホンモノだから!もはや本当に殺せ!という感じだから」とバーナード監督のリアル志向を強調じゃ。それにバーナード監督も「実際は刀を抜いたらダンスをするのではなく、直接敵に斬りつけて終わりでしょう?」とリアリティ重視を熱弁し、佐藤は「その通りです!」と即答して笑わせたでおじゃる。 

日本史上初めてのマラソン大会といわれる「安政遠足(あんせいとおあし)」を舞台にした作家・土橋章宏による小説「幕末まらそん侍」が原作。「その通りです!」とバーナード監督に同調した佐藤だったが、「海外の方と仕事をしたいという気持ちがあって、このチャンスは逃したくないと飛び込みました。でも衝撃の現場で…。まさかこんなことになるとは。これまで様々な現場で経験してきた常識が一切通じない、何もかもが初めての挑戦だった」と型破りスタイルにこちらも驚いていたで候。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop