清純派美女4人が艶やか浴衣!15歳・注目女優は花火大会でアバンチュール宣言

2018/08/01
石井隼人

みんな!都内は10日ぶりに猛暑がカムバックしてくるそうだ!でも安心してほしい、なぜならば清純系美女たちが浴衣姿で集結したからだ。

それは先月31日に都内で行われた、映画『青夏 きみに恋した30日』(8月1日公開)でのこと。浴衣姿でW主演の葵わかな、佐野勇斗、共演の古畑星夏、岐洲匠、久間田琳加、水石亜飛夢、秋田汐梨、志村玲於らが参加したゾ!

“青春よりも、もっと青くて熱い”という意味を込めた『青夏』にちなんで「今年の“青夏”な出来事」を聞かれた!葵は「おじいちゃんと山登りします。青夏っぽくない?でもおじいちゃんと青夏します」と可愛い孫の表情。

京都在住の秋田は「祇園祭に友達を誘ったら、その子は好きな人と行ってしまった。祇園祭で告白されて結ばれたみたいなので凄く羨ましい。私も青夏したい!でも8月に花火大会に行く予定なので、そこで青夏かな?」とドッキドキのご報告。しかも15歳!ちなみにブログのタイトルは『りんごのおはなし』ダ!ゴチッ!

古畑は「青夏は今!今年初めての浴衣なので、夏してます!」と嬉しそうで、久間田は「思い返せば、青夏している!お祭り行って、海も行って、花火もした。8月も予定ギュウギュウ。蚊にも刺されました」と全身で青夏満喫中だゾ!

最後に葵は「今にも心臓が飛び出そうなくらい緊張している」と映画公開に期待と不安を浮かべながらも、W主演を務めた佐野に対して「短い期間だったけれど、共演4度目の安心感があった。私は周りからしっかりしている大人だと言われることがあるけれど、できないことや不安なこともあります」と心境を吐露し「そんな私ができないことを佐野君ができて、助けてくれた。これまで2人で頑張ってきて良かった。お疲れ様でした」と感謝していたゾ!んも~、いい子!

佐野から「役者仲間というか、幼馴染のような印象。自分は頼りない男だけれど、葵さんに助けられることも多く、理緒が葵さんでよかった。お疲れ様」と返礼されると、葵は嬉しそうも「ありがとう」と恥ずかしさに小声。んも~、いい子!

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop