ワンステージに美女が3人も揃ってキャッキャキャッキャの夢のまた夢

2019/03/05
石井隼人

河本ほむら作・尚村透作画による、シリーズ累計500万部突破の大ヒット漫画「賭ケグルイ」を連続ドラマ化したシリーズ第2弾「賭ケグルイ season2」がMBS/TBSドラマイズム枠でスタートする。(MBS 3月31日24:50~、TBS4月2日25:28~)。放送を直前にした4日には東京の神楽座で完成披露試写会が行われ、主演の浜辺美波、共演の高杉真宙、森川葵、松村沙友理(乃木坂46)、中川大志、英勉監督が出席した。

蛇喰夢子役の浜辺は「前作からの引き続きのメンバーはより仲良くなって、笑いの絶えない現場でした。皆さんが普段から面白い方ばかりで、高杉さんがひたすらにいじられ役を買って出てくれて、現場のキューピット的存在でいてくれた」とオリジナルメンバーとの再会に喜び。早乙女芽亜里役の森川は「演技も顔芸も、みんな格段にレベルが上がっている」と前作超えに自信を覗かせた。

一方、夢子と対決することになる生徒会広報にして人気アイドルの夢見弖ユメミ役の松村は新加入で「皆さんホンマにキャラが出来上がってはったので、それを目の当たりにして衝撃を受けた。監督から『俺のチーム凄いやろぉ?』感や『みんなやっているやろぉ?』みたいに言われてプレッシャーを感じた」とぶっちゃけた。

見どころとして浜辺は、アイドルコスプレをして松村とアイドル対決をする場面をチョイス。浜辺は「現役のアイドルさんと並ぶのはプレッシャー。衣装合わせの時からXデイだと思っていた」と苦笑いも「中途半端な気持ちでやるとダメだと思ったので、心の底から成り切りました」と熱演報告。現役アイドルの松村から「私からしたら、急に本当のアイドルが出てきた感があってプレッシャーが凄かった」と舌を巻かれると、浜辺は「いっぱい努力しました。でも我に返ると辛いものがあった…」と大テレだった。

その松村が選んだシーンも、浜辺と一緒にアイドルとして踊る場面。「ダンスは苦手」という浜辺に対して、松村は「完璧でした。レッスンの時に今までダンスをやっていたのでは?と思うくらいの完璧さがあった。アイドル性も出ている」と太鼓判。それに浜辺は「松村さんの5倍くらい練習したし、顔で踊ることを意識して顔面で踊っていました。現場でも『踊っている感を顔で出す』と宣言したくらい。『賭ケグルイ』は結構自分からグイグイ言っていくスタイルです」と舞台裏告白で笑わせた。

この記事が気に入ったらいいね!しよう

石井隼人
この記事を書いた人

石井隼人

映画好きエンタメ系フリーライター。「来るもの拒まず平身低頭崖っぷち」を座右の銘に、映画・音楽・芸能・テレビ番組などジャンル選ばず取材の日々。ありがたいことに映画作品のパンフレット執筆、オフィシャルライター&カメラマンを拝命されたり、舞台挨拶の司会をしたり…何でもやります!

石井隼人が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop