「運動器カテーテル治療」で痛みに苦しむ人を救いたい!痛み治療専門クリニックの鴨井大典院長にインタビュー

2020/01/17
マガジンサミット編集部

近年、長引く身体の痛みに苦しむ患者を救う「運動器カテーテル治療」という新たな治療法が注目されている。カテーテル治療は外科医の行う大がかりな手術に比べて、手首や足の付け根などから細い管を動脈の中に進めていき、痛みのある場所に薬(塞栓物質)を投与することで、小さな傷で治療することができるのが特徴だ。この治療法を多くの人に受けてもらいたいと日々奮闘している愛知県名古屋市の痛み治療専門クリニック「なごやEVTクリニック」の鴨井大典院長にインタビューし、同治療法との出会いや開業の経緯、自らの信念、今後の目標などについて話を聴いた。

なごやEVTクリニック・鴨井大典院長

血管内カテーテル治療の専門家として、救命救急医療、高度先端医療に従事。小倉記念病院、名古屋共立病院副院長、オクノクリニックなどを経て、中部地区初の運動器カテーテル治療専門施設として「なごやEVTクリニック」を開業。プロフェッショナルであることにこだわった診療や国内外での精力的な学会活動などで注目を集めている。 

鴨井大典院長インタビュー

鴨井院長は自らを仕事人間と評するほど「カテーテル治療」に身を費やし、勤務医時代に副院長やセンター長を歴任。成熟しつつあった循環器内科の領域を突き詰めていくうえで、鴨井院長は「カテーテル治療の技術を使って新しいことができないか」と模索していたという。

そんな折、鴨井院長は長引く痛みを治す「運動器カテーテル治療」という治療法を世界で初めて開発したオクノクリニックの奥野祐次先生と出会い、それが大きな転機となった。

正直なところ、当初は新しい治療法ということで「眉唾で見ていた」という部分もあったという鴨井院長。だが、何度も「びっくりするくらい患者さんが笑顔を取り戻す」「本当に元気になる」という奇跡のような光景を目の当たりにしたことで「運動器カテーテル治療」の効果を確信。鴨井院長は「この治療法をもっとたくさんの人に受けてもらいたい」と考え、中部地区の基幹施設となるべく名古屋の地で開業するに至ったという。

また、鴨井院長は長引く痛みについて「異常な血管」が大きく影響していると解説。「運動器カテーテル治療」は、鴨井院長によると「(異常を)血管の中からやっつける治療法」とのこと。テレビ番組でも取り上げられたように、腕が上がらなかった患者が治療を受けた直後に腕が上がるようになるなど、劇的な効果が生まれることがあるという。

現在の仕事への思いについて、鴨井院長は「もちろん痛みが治って患者さんに喜んでもらうというのはやりがいのひとつではあるんですけども」と前置きしつつ、それ以上に「それぞれの患者さんに人生があって、みんなやりたいことがあるわけです。やりたいことをやっていただくために治すというのが私の信念ですから、ぜひそれを実現してほしい。実現するまでサポートしたいという思いがある」と熱い気持ちを語った。

さらに「あなたにとって覚悟とは?」と尋ねると、鴨井院長は「自分の信じた道を進み続ける」「目の前のことと向き合い続ける」と回答。その言葉は自身が情熱を傾ける「運動器カテーテル治療」の普及に大きく関係している。「運動器カテーテル治療」は新しい治療法で自費診療のため、鴨井院長も当初そうだったように同業者から「お金もうけ目的では」と疑いの目を向けられることもあるという。「日本国内で自費診療をやるのはハードルが高い」とも鴨井院長は語った。

だが、鴨井院長は「先人はみんなそうだった」と指摘。先人たちが開発した治療法のなかには、批判にさらされながらも信じた道を突き進めて治療を続け、現在は保険診療になっている治療法もたくさんある。鴨井院長は「運動器カテーテル治療が保険診療になればもっと多くの人の役に立てる」という揺るぎない信念があると力強く語ってくれた。

続いて「カッコイイ大人とは?」と質問してみると、鴨井院長は「自分自身を律することができる人間」と即答。どんなことが起きてもイライラせず、健康面も含めて常に一定の集中力を保った状態でいられるような人間を目指しているという。鴨井院長は「医者人生を終えた時に、そういうことができていたと言えるように頑張っていきたい」と将来を見据えて語っている。

鴨井院長は今後に向けて、より多くの人に治療を受けてもらうために運動器カテーテル治療法を「保険診療」にすることを目標にすると宣言。そのためにはデータを積み重ねて提出していかなければならず、異なる施設からも同じようなデータが出てくるようにならなければいけない。そういった状況を少しでも早く実現するために、鴨井院長は「痛みや今までとは異なる血管解剖の知識を十分に持った、適切な治療ができる医師を育成していきたい」と意気込んでいる。さらに、鴨井院長は「すぐにでも覚悟を決めて、この領域に参入するぞという医師がいれば、適切な形で指導して、同じような治療が提供できるような環境をつくっていきたい。その先駆けになれたら」と抱負を語っている。

最後に、同じように信念をもって活動している人々に対し、鴨井院長は「子どものころの純粋な気持ちを忘れずに、好奇心を持って何事にもチャレンジしていっていただきたいと思います。『自分を信じる』『諦めない』など大切なことはいくつもありますが、小さな努力を長く続ける、これこそが最高の秘訣だと思います」と熱いメッセージを話してくれた。どこかドライな印象もある医療業界で、熱い気持ちを持って精力的に活動している鴨井院長。彼が普及に尽力している「運動器カテーテル治療」は、長引く痛みに苦しむ人々を救うための新たな治療法として今後ますます注目度が高まっていきそうだ。

なごやEVTクリニック

https://nevt-clinic.com/

この記事が気に入ったらいいね!しよう

マガジンサミット編集部
この記事を書いた人

マガジンサミット編集部

編集部のTwitterアカウントはこちら 【マガサミ編集部Twitter】 【マガサミ矢嶋Twitter】 【マガサミ儀保Twitter】   編集部のYoutubeアカウントはこちら 【マガサミYoutube】

マガジンサミット編集部が書いた記事

あなたへのおすすめ

カテゴリー記事一覧

マガサミTOPIX

美女がスポーツウェア&ドレスで登場!「ミス・ワールド2019」日本代表候補ファイ…

本日発売の雑誌一覧

    カバーガール

    カバーガール大賞

    人気のキーワード

    follow on Twitter @magazinesummit
    pagetop